中国、GDPの算出方法を抜本見直しへ

いままでは「1993年ルール」で計算

11月19日、中国は国内総生産(GDP)の算出方法の抜本的な見直しを計画している。写真は4日、北京で撮影(2013年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[上海 19日 ロイター] -中国は国内総生産(GDP)の算出方法の抜本的な見直しを計画している。世界的な基準に沿うように変更する。新華社が18日、国家統計局の許憲春副局長の話として伝えた。

同副局長によると、国連の2008年国民経済計算体系(08SNA)に沿った算出方法の導入が提案されている。現行の算出方法は1993年のものに準じているという。

早ければ2014年末から新たな算出方法の運用が始まる。

計算方法が改められれば、研究開発費が固定資本としてGDPに算入されることになる。また、持ち家の価値を算出する新たな方法を取り入れるほか、農業従事者の収入の計算方法も変更される。会社従業員が保有する株式オプションも賃金の一種として指数化する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT