日本代表、吉田麻也が築く新リーダーの役割

ウルグアイ撃破、「新ビッグ3」躍動し3連勝

キリンチャレンジカップ2018のウルグアイ戦でゴールを決めた堂安律(手前左)を迎え入れる吉田麻也(中央)(写真:松尾/アフロスポーツ)

2018年ロシアワールドカップ16強入りの主力だった吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)、長友佑都(ガラタサライ/トルコ)らに加え、南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)、中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)、堂安律(フローニンゲン/オランダ)の「新ビッグ3」ら若い世代の本格的融合の第1弾となった10月のキリンチャレンジカップ(12日・パナマ戦=新潟、16日・ウルグアイ戦=埼玉)は3-0、4-3の2連勝に終わった。

これで森保一監督率いる新生サッカー日本代表は発足から3連勝。新エース候補に名乗りを挙げた南野が3試合4ゴールと凄まじいアピールをみせ、弱冠20歳の堂安も国際Aマッチ2戦目で代表初ゴールを決めるなど、チームの活性化が凄まじい勢いで進んでいる印象だ。

長谷部の後継者になった吉田麻也

この2連戦では新リーダーも正式に決まった。国内組と海外組の若手で構成された9月のコスタリカ戦(大阪)では、森保監督がサンフレッチェ広島を率いていた時から長くキャプテンを務めている秘蔵っ子・青山敏弘(広島)が統率役を担ったが、今回は「吉田麻也にやってもらいます」と指揮官が明言。

2010年南アフリカワールドカップ直前から8年間も代表を牽引してきた偉大な主将・長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)からバトンを引き継ぐことになったのだ。

「もう公私ともにその話を聞かれなくて済むのは正直、ホッとしてます。この3カ月、会う人会う人、その話ばっかりだったんで、もうしんどいなと思っていたんで」と吉田は安堵感をのぞかせつつ、苦笑いした。

7月2日、ロシアW杯のベルギー戦(ロストフ)の翌日、長谷部の代表引退宣言を耳にして、報道陣の前で人目をはばからずに涙した大型DFには「次は自分がやらなければいけない」という強い責任感があったのだろう。

「自分が信じる形とか、自分が持っている形でチームを引っ張っていきたいと思うし、ベルギーに負けた日からずっとアジアカップでどうやったら勝てるかを考えているので、そこに導くために引っ張っていかなきゃいけない」と彼は強調。新たなアプローチをスタートさせたのだ。

次ページ青山から吉田が学んだこと
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。