セブン&アイ、3─8月期は2.6%営業増益 

アメリカのコンビニ事業などが寄与

 10月11日、セブン&アイ・ホールディングスは、2018年3―8月期の連結営業利益が前年同期比2.6%増の1996億円になったと発表した。国内コンビニ事業は減益だったが、米コンビニ事業が好調だった。写真は都内で昨年12月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 11日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス <3382.T>は11日、2018年3―8月期の連結営業利益が前年同期比2.6%増の1996億円になったと発表した。国内コンビニ事業は減益だったが、米コンビニ事業が好調だった。

国内コンビニ事業のセブン-イレブン・ジャパンは、増収となったが、加盟店のチャージを1%減額したことなどが影響し、営業利益は2.5%減となった。

一方、米セブンイレブンは、収益性の低い店舗の閉店やオリジナル商品の販売などが寄与し、ドルベースの営業利益は14.6%増となった。

総合スーパー(GMS)のイトーヨーカ堂は、衣料品や住居から食品へのシフトが奏功し、収益性が改善した。

2019年2月期の連結売上高は前年比10.7%増の6兆6830億円、営業利益は同6.0%増の4150億円の計画を据え置いた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。