10月米輸出物価は予想外に下落

世界経済の弱さ示す

11月15日、10月の米輸出物価は予想外に下落し、世界経済の弱さを示唆した。写真はロサンゼルス港付近で2012年12月撮影(2013年 ロイター/Jonathan Alcorn)

[15日 ロイター] -米労働省が15日発表した10月の輸出・輸入物価統計は、輸出物価が予想外に下落し、世界経済の弱さを示唆した。石油価格の大幅下落を受けて輸入物価もマイナスとなった。

輸出物価は前月比0.5%下落。エコノミストは0.1%の上昇を予想していた。下落は過去8カ月間で7回目。欧州など貿易相手国の景気が振るわず、米輸出業者が価格を引き上げることが難しい状況にあることを示唆する格好となった。

輸入物価は0.7%下落。エコンミスト予想は0.4%下落だった。石油輸入価格が3.6%下落し、過去1年余りで最も大幅なマイナスとなったことが重しとなった。

日本からの輸入物価は0.2%下落。日銀の大規模緩和で円相場が下落し、輸出競争力の向上につながっている可能性を示唆した。日本からの自動車輸入価格は前月比0.1%、前年比では1.4%、それぞれ下落。前年比の下落率は労働省が統計を開始した1981年以来の大きさとなった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT