「赤くて丸い」丸ノ内線30年ぶり新車両の全貌

車端に円窓、車内にはコンセントも設置

2000系の車内。写真奥の車端部に丸窓がある(写真:東京地下鉄)
丸窓をはじめ「丸」が目立つ車端部(写真:東京地下鉄)

快適性の向上は、目に見える部分だけにとどまらない。空調は従来よりも約1.4倍の冷房能力を持たせ、ステレオ方式の車内放送システムで聞き取りやすくなるよう配慮した。

「東京メトロ初」の試みは安心・安定性の面で多く見受けられる。たとえば、走行中の車両の各装置の動作情報を司令所などに常時伝送してトラブルの予防に役立てる「車両情報管理装置」や、万が一脱線した場合に自動で列車を停止させる「脱線検知装置」は同社で初めて搭載する。

遅延回復に効果を発揮する「無線式列車制御システム」(CBTC)は2000系の導入による試験運用を経て、2022年度の稼働を目指して準備を進める計画だ。CBTCが稼働すれば日本の地下鉄で初めてとなる。

すでに銀座線の1000系や日比谷線の13000系で採用しているが、カーブでの安全性と騒音の防止に効果のある「片軸操舵台車」の導入や、駅間で停電が発生した場合に最寄り駅まで走行できる「非常走行用バッテリー」なども、安全・安心面にこだわった機能だ。

路線の伝統を大切に

8月下旬の深夜、中野車両基地へ搬入される2000系(撮影:尾形文繁)
アルゼンチンから里帰りした500形(撮影:尾形文繁)

2000系は8月下旬、1編成目がメーカーの日本車輌製造豊川製作所(愛知県豊川市)から中野車両基地に搬入された。同基地には2年前の夏、譲渡先のアルゼンチンから里帰りを果たした赤い旧型車両の500形が保管されており、動く状態への復元に向けて現在も修復作業を行っている。

丸ノ内線が開業した1954年当時、赤い車体に白い帯と銀色のサインウェーブを配したデザインの車両は利用者に大きなインパクトを与えたといい、今に至るまで同線の象徴として定着している。一度はこのデザインと決別した02系も、リニューアルに合わせて窓下の赤いラインにサインウェーブを入れた。

東京メトロは銀座線の現行車両1000系でも、旧型車両をモチーフにした黄色いカラーを採用しており、長年の間に利用者に定着したイメージや伝統のデザインを新型車両にも取り入れようとする姿勢が目立つ。かつて東京の地下鉄の象徴でもあった「赤い丸ノ内線」を今によみがえらせた新型車両は、新たな地下鉄の顔として来年の早春から走り出す。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT