「赤くて丸い」丸ノ内線30年ぶり新車両の全貌

車端に円窓、車内にはコンセントも設置

東京メトロ丸ノ内線の新型車両2000系(記者撮影)

東京メトロは10月11日、丸ノ内線の新型車両「2000系」を中野車両基地で報道陣に公開した。2019年2月に運行を開始する。現在の「02系」はデビューから約30年を経ており、後継として2022年度までに53編成318両を導入する予定だ。

外観は、アルミ無塗装に赤いラインを入れた02系とは異なり、かつて丸ノ内線の顔として活躍した「300形」や「500形」などに採用された「赤い車体に白のライン」のデザインを復活。同路線の象徴である波模様の「サインウェーブ」を施した。伝統を踏襲する一方、随所に最新技術を取り入れて快適性と安全性を向上させた。

デザインの特徴は「丸」

車両デザインに関しては、新幹線「N700系」やJR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」などに携わった福田哲夫氏と、福田一郎氏が監修を担当した。外観は「グローイング・スカーレット」と呼ぶ鮮やかな赤の車体色で、ホームドアがあっても見やすいようサインウェーブは窓の上に入れた。

車端部の丸窓が2000系の特徴の1つだ(記者撮影)

前面は丸みを帯びた形状で運転席部分を黒で強調。「丸」はほかの部分でもデザイン上の特徴となっており、車端部の窓も丸型を採用した。東京メトロの車両では初めてで、全国的に見ても通勤電車では珍しい。

内装については、1人あたりの座席幅を拡大。クッションを改良してゆったりとした座り心地を目指した。1編成6両すべてにフリースペースと車いすスペースを設置。同社初となる、小物が置けるテーブルや荷物掛け、携帯電話の充電ができるコンセント(2口)を備える。

車内空間を広く感じさせる工夫も施した。天井のパネルを丸い形状にしたほか、連結面や座席横の仕切り、荷棚には透明な強化ガラスを使って開放感を持たせた。

次ページ脱線時に自動で停まるシステムも搭載
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。