憲法9条「戦争放棄条項」は、誰が作ったのか

マッカーサー説と幣原喜重郎説を検証する

「斯る憲法草案を受諾することは極めて重大の責任であり、恐らく子々孫々に至る迄の責任である。この案を発表すれば一部の者は喝采するであろうが、又一部の者は沈黙を守るであらうけれども心中深く吾々の態度に対して激憤するに違ひない。然し今日の場合、大局の上からこの外に行くべき途はない」(服部『増補版・幣原喜重郎』284ページ)

「この外に行くべき途はない」という幣原の言葉は、日清戦争後に三国干渉を受け入れた陸奥宗光外相の「他策ナカシリムヲ信ゼムト欲ス」という言葉とも重なる。振り返れば、日本国憲法の制定とは、あたかも外交交渉をして、外交的合意を得るようなものであった。それについて吉田茂は回顧録で次のように記している。

「もっとも前述したように、改正草案が出来上るまでの過程をみると、わが方にとっては、実際上、外国との条約締結の交渉と相似たものがあった。というよりむしろ、条約交渉の場合よりも一層〝渉外的〟ですらあったともいえよう。ところで、この交渉における双方の立場であるが、一言でいうならば、日本政府の方は、言わば消極的であり、漸進主義であったのに対し、総司令部の方は、積極的であり、抜本的急進的であったわけだ。」(吉田茂『回想十年・2』<中公文庫、1998年>31ページ)

日本国憲法は、当時の日本人が選び取った

このように、日本国憲法とはGHQによって起草され、それを当時の日本人が苦渋のうちに、しかしながら「この外に行くべき途はない」という決意のもとに、選び取ったものであった。そして、その決断により、戦後の日本はかつてないほどの平和と安定、繁栄を手にすることになったのである。

『自主独立とは何か 前編』(新潮選書)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

だが、その日本国憲法も制定から70年以上が経過した。その間に日本は独立を回復し、経済大国となり、また国際環境も大きく変わっている。はたして、今の憲法のままで、これまでと同様の平和と安定、繁栄が得られるのであろうか。

もし安倍政権が改憲案を提出し、それが国民投票にかけられることになれば、国民一人ひとりが改憲の是非について真剣に考えなければならない。

その時、「護憲」を選ぶにせよ「改憲」を選ぶにせよ、日本の将来のために最善の選択ができるよう、イデオロギーに縛られることなく、戦後史に対する認識を深め、また国際情勢に対する感覚を磨いておいて欲しい。というのも、われわれの未来は、過去の延長線上にしかありえないからだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT