良品計画の中間営業益は7期連続で最高に ファミマ向けは急減

印刷
A
A
 10月3日、良品計画は、2018年3─8月期の営業利益が前年比11.5%増の235億円になったと発表した。写真は松崎社長、2015年8月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 3日 ロイター] - 良品計画<7453.T>は3日、2018年3─8月期の営業利益が前年比11.5%増の235億円になったと発表した。国内はファミリーマート向け取引の縮小などで減益となったが、東アジアが好調に推移、7期連続で過去最高を更新した。

売上高にあたる営業収益は前年比10.0%増の2012億円と8期連続で過去最高となった。

ファミリーマート向けの売上高は前年比46.2%減の26億円と急減。会見した松崎暁社長は「これまでファミリーマート店舗では商品を陳列する什器(じゅうき)が3台あるいは2台だったが、9月1日から1台となった。このため上期から供給を落とさざるを得なくなった」と説明した。

主力の国内直営店の売上高は前年比8.5%増の938億円と好調だった。

通期業績予想は据え置いた。営業利益予想は前年比10.4%増の500億円と、アナリスト11人の予測平均値502億円とほぼ一致している。

銀座旗艦店が来年4月開業

同社はこの日、銀座3丁目に開業予定の「無印良品」の世界旗艦店の開業日が来年4月4日に決まったと発表した。「MUJI HOTEL」も同時に開業する。

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT