良品計画の中間営業益は7期連続で最高に

ファミマ向けは急減

 10月3日、良品計画は、2018年3─8月期の営業利益が前年比11.5%増の235億円になったと発表した。写真は松崎社長、2015年8月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 3日 ロイター] - 良品計画<7453.T>は3日、2018年3─8月期の営業利益が前年比11.5%増の235億円になったと発表した。国内はファミリーマート向け取引の縮小などで減益となったが、東アジアが好調に推移、7期連続で過去最高を更新した。

売上高にあたる営業収益は前年比10.0%増の2012億円と8期連続で過去最高となった。

ファミリーマート向けの売上高は前年比46.2%減の26億円と急減。会見した松崎暁社長は「これまでファミリーマート店舗では商品を陳列する什器(じゅうき)が3台あるいは2台だったが、9月1日から1台となった。このため上期から供給を落とさざるを得なくなった」と説明した。

主力の国内直営店の売上高は前年比8.5%増の938億円と好調だった。

通期業績予想は据え置いた。営業利益予想は前年比10.4%増の500億円と、アナリスト11人の予測平均値502億円とほぼ一致している。

銀座旗艦店が来年4月開業

同社はこの日、銀座3丁目に開業予定の「無印良品」の世界旗艦店の開業日が来年4月4日に決まったと発表した。「MUJI HOTEL」も同時に開業する。

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT