「痛いセクシー自撮り投稿」に隠されたホンネ

他に手段のない女性たち

研究チームは、ツイッターとインスタグラムでセクシーなコンテンツを投稿しているアカウントを収集。その数は6万8000ユーザーを超えたという。

投稿された写真の撮影場所を特定し、結果、アメリカの5567の都市および1622の地域から、性差による男女の収入格差、さらにそれ以外のジェンダーに関するデータを集計。すると、男性よりも女性の低所得が顕著な場合に、女性がセクシーなコンテンツを投稿する傾向が強いことが明らかになった。逆に、所得における男女格差がない地域で生活している女性たちはセクシーなコンテンツをSNSで発信する傾向はない。

自己承認欲求を超えた無意識の主張

国際規模でもこの結果は同様だった。113カ国でSNSの投稿を追跡したところ、経済不平等が高まっている場所、例えばアメリカやシンガポールなどの先進国において、女性がセクシーな自撮り投稿のために時間と労力を費やしている可能性が高いことが分かった。

「心理学的に、経済的不平等が個々の相対的な社会的地位をあらわにし、社会的ヒエラルキーの全レベルの人々の間で自分の地位について不安を掻き立てる。これが激しいセルフィー合戦につながっている」とブレイク教授は話す。自ら性的な自撮りに駆り立てられる女性の数は、そのエリアの経済的競争の激しさを示すある種の指標ともいえる。

美しさには社会的価値があるので、現代の生存競争のなかで女性が「美」を活用するのは特段驚くようなことではない。進化論的にいえば、社会的地位を高めたい女同士での競争で目立つ手段の1つという。

歪んだ自己愛やナルシスト的な行為ではなく、彼女たちは生活の改善のために他の手段がほとんどない環境であることを訴えている。その不満を主張するにあたって、無意識にセクシー自撮りを選択していると、研究者は示唆する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT