ライオンズ優勝、鉄道収益にどの程度貢献?

日本シリーズ進出なら運賃収入上積み期待も

埼玉西武ライオンズの観客増が西武鉄道の収益に貢献しそうだ(tarousite / PIXTA)

9月30日、優勝へのマジックナンバーを「1」のまま迎えた、札幌ドームでの対北海道日本ハムファイターズ4連戦の初日。この日、埼玉西武ライオンズは日ハムに1―4で破れたものの、福岡ソフトバンクホークスの敗退により、10年ぶり17度目(前身の西鉄時代を含めると22度目)のリーグ優勝を決めた。

前日のメットライフドームでの対ソフトバンク戦で敗退し本拠地での胴上げは逃したが、札幌ドームでの試合終了後の優勝セレモニーでは、辻発彦監督が宙を舞い、日ハムファンからも温かい拍手が贈られた。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

西武ライオンズ40周年の節目の今年、西武鉄道をはじめとする西武グループが総力を挙げて球団のファン拡大に取り組んでいる。西武ライオンズは、女性向けのイベント「ウーマンフェスタ」(5月11~13日開催)での女性来場者全員への「レディースユニフォーム」(非売品)の配布など、さまざまな顧客のニーズに沿った営業施策の展開と、チームの好調がかみ合って、観客動員数の増加が実現したと分析する。

2018年シーズンの入場者数は176万3174人(1試合平均2万4833人)で、2017年比5.4%増(同6.9%増)となった。

西武鉄道の運賃収入押し上げ

入場者数増加は、西武鉄道の運賃収入を押し上げる効果をもたらす。西武ライオンズによると、2017年シーズンのメットライフドームでの公式戦試合数(セ・パ交流戦含む)の総入場者数は約159万人で、このうち西武線利用者の割合は6~7割であった。

割合の平均値として65%と仮定して計算すると、西武線利用者は約103万人となる。所沢駅-西武球場前間のIC運賃174円で往復したのと同程度の収入が西武鉄道に入ってくると想定した場合、約3.6億円の収入となる。

池袋・西武新宿・本川越・国分寺・飯能・西武秩父方面などとの間の運賃収入と、メットライフドーム試合開催日に運行される臨時特急「スタジアムエクスプレス号」の特急料金収入0.2億円を合わせると、2017年度の西武鉄道の収入は4億円超と推計される。

2018年シーズンでは、入場者数176万3174人のうち、地方開催分を除いたメットライフドームの入場者数は約165万人。2017年比約6万人の増加で、少なくとも1400万円以上の運賃収入の上積みがあったと予想される。

次ページ球団と鉄道の連携は双方にメリット
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。