パナ渾身の高級ミラーレス「LUMIX S1」の凄み

ライカ・シグマと組みプロ向けカメラを開発

パナソニック、ライカ、シグマが来春発売するLマウントに対応したシステムカメラ「LUMIX S1」シリーズ(写真:パナソニック)

パナソニックはドイツ・ケルンで現地時間9月26~29日に開催されている「photokina 2018」で、独ライカ社および日本のレンズメーカー・シグマとの協業を発表。ライカが2014年に発表した、8本のレンズが揃えられているLEICA Lマウントを基本としたシステムカメラを構築する「LEICA L Mount Alliance」を発表した。

ライカはパナソニックとシグマにLマウントの技術仕様を供与し、それぞれに対応するシステムカメラおよびレンズを開発していく。また技術的な面でも、パナソニック、シグマがそれぞれの知見を持ち寄り、3社でリニューアルを施した「アップデートされたLマウント」だ。動画対応など様々な面で最新のトレンド、技術に適合したものとなる。

光学設計上の他社との違いに関しても「具体的な数字は言えない」としながら、ニコン、キヤノンがそれぞれに発表した「Zマウントシステム」「RFマウントシステム」に匹敵する潜在力があるという。

「Lマウントシステム」とは?

なお当面はこの3社で開発を進めていくとのことで、技術仕様の公開は予定されていない。互換レンズメーカーであるとともに、3層型CMOSセンサー「Foveon」採用のカメラメーカーでもあるシグマの山木和人社長は、具体的な製品発表は現時点では行えないとしながらも「当社はユニークな技術を搭載するカメラや多彩なレンズ群をLマウントベースで提供していくことで、Lマウントシステムをユーザーにとって興味深いものにすることに貢献できると考えています」と話した。

そしてパナソニックは3社でのアライアンスを発表直後、Lマウントに対応したシステムカメラとして「LUMIX S1」シリーズの開発意向を発表。発表は“開発意向表明”ではあるものの、開発プロジェクトは約2年前に始まっており、来年春には実際の製品が投入される予定だ(価格や細かなスペックは未定)。

最初に投入されるのはボディ2モデル、レンズ3本の構成。

ボディは約4700万画素CMOSセンサーを搭載するLUMIX S1Rと、2400万画素CMOSセンサー採用のLUMIX S1の2モデル構成。同時にLUMIX Sシリーズ向けに50mm/F1.4の単焦点レンズ、24−105mm、70−200mm(いずれもF値は非公開)の合計3本を発表した。

次ページレンズ交換式カメラのみが市場規模を維持
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT