「ソウルの女王」には圧倒的な歌唱力があった

アレサ・フランクリン遺作の聴きどころ

2本目の電話は、1本目の直後にウェクスラーがアレサ・フランクリン本人にかけたものです。「君をアトランティック・レコードに迎え入れたい。もし君が来てくれるなら、とても光栄に思う。ニューヨークで会えないだろうか」。

2週間後には、アレサ・フランクリンとアトランティックの契約が成立。そして、ウェクスラーの戦略に乗って、早速録音に取り掛かります。場所は、南部アラバマ州のマッスルショールズのスタジオです。ここのスタジオ・ミュージシャンの熱い演奏がアレサの歌手魂に火をつけます。幼少期の歌手への憧れ、教会での信者全員でのゴスペル歌唱の迫力、世界一のレコード会社からのデビューと挫折、そして再チャレンジ。心に去来する思いが歌に乗ります。完成したのが『貴方だけを愛して』です。

心のままに〜アレサをアレサらしく

アトランティックからの第1弾アルバム『貴方だけを愛して』は全米チャート2位、シングル盤「レスペクト」は全米1位を獲得します。アレサの声と歌唱は、彼女の心の赴くまま飛翔します。レコード会社の意向で器用に歌うアレサはここにはいません。アレサ自身が己をさらけ出し心に真っ正直に歌う。聴衆の心をつかむ何かを発見したわけです。ウェクスラーの読みは当たったのです。

「当時の私のアイデアはまったくシンプルで、アレサをアレサらしくさせるということだった……彼女のしたいように、彼女らしく歌わせる、それが彼女の魂と心を開かせる……彼女はそれに応えた」とウェクスラーは述懐しています。

後は、現代の米国音楽史そのものです。

アレサ・フランクリンの遺作「ブラン・ニュ・ーミー」

実際、アレサ・フランクリンの業績を記せば、それだけでこのコラムがいっぱいになってしまうほどです。グラミー賞受賞は20回を超えます。米『ローリングストーン』誌の「歴史上最も偉大なシンガー100人」で堂々の首位に選定されました。女性アーティストとして初めての「ロックの殿堂」入りも実現しました。アメリカで最も権威ある大統領自由勲章も授けられました。

最後に興味深いエピソードをひとつ。ビートルズの代表曲「レット・イット・ビー」についてす。実は、ポール・マッカートニーが「この曲はアレサのために書いた曲です」とのメモをつけてデモテープをウェクスラーに送って来ていたのです。確かに、ゴスペル調のこの曲はアレサ向きです。ただし、アレサ側が返事を保留している間に、解散直前のビートルズが先に発表してしまいました。が、結局、アレサも録音。今週の音盤にも収録されてます。

アレサ・フランクリンの声と歌唱にしばし耳を傾けてはいかがでしょうか。時代を超える本物の声と歌唱を実感できるはずです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?