テスラの「EVトラック」をくじく包囲網の全貌

この分野に特化するベンチャー勢が急加速

2017年に発表されたテスラのEVトラック「セミ」。発売は2019年に予定されている(写真ːテスラ)

EV市場を席巻するテスラがGMやフォードのような総合自動車メーカーを目指している。2017年にはEVトラックテスラ「セミ」、さらにはEVスポーツカーである「ロードスター」を相次いで発表、次にはシャトルバスなどの公共交通用の乗り物開発に着手する、と言われている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

しかし業界の風雲児と言われ数々の新規事業を立ち上げてきたテスラ社CEOイーロン・マスク氏の勢いにもこのところ陰りが見られる。これまではほぼEV市場で一人勝ち状態だったテスラには次々に“テスラ・キラー”を名乗るライバルが出現している。その中で「打倒・セミ」を掲げ、現在競争が激化しているのがEVトラックの分野だ。

老舗とベンチャーが販路競い合う

テスラがEVトラックのコンセプトを発表する以前にEVトラック開発に着手していたのはドイツのダイムラー社や米国のトラックメーカー、ナビスターなど極めて少数の企業だったが、2017年から今年に入りアメリカでは次々にEVトラックメーカーが生まれ、将来の販路を競い合っている。

新興勢力のほとんどはベンチャー企業でEVトラックに特化している、という特徴がある。その多くがロサンゼルスに本拠を置いており、発売を来年のセミの発売に合わせてきている点、コンセプトモデルを貨物運送会社のフェデックス、UPS、郵便局などのフリート(商用車両)としてテスト運用している点も似通っている。代表的な企業にチェンジ(Chanje)、アライバル、ワークホース、トール(Thor)などがある。

次ページ貨物輸送会社と提携する社も
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT