テスラの「EVトラック」をくじく包囲網の全貌

この分野に特化するベンチャー勢が急加速

2017年に発表されたテスラのEVトラック「セミ」。発売は2019年に予定されている(写真ːテスラ)

EV市場を席巻するテスラがGMやフォードのような総合自動車メーカーを目指している。2017年にはEVトラックテスラ「セミ」、さらにはEVスポーツカーである「ロードスター」を相次いで発表、次にはシャトルバスなどの公共交通用の乗り物開発に着手する、と言われている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

しかし業界の風雲児と言われ数々の新規事業を立ち上げてきたテスラ社CEOイーロン・マスク氏の勢いにもこのところ陰りが見られる。これまではほぼEV市場で一人勝ち状態だったテスラには次々に“テスラ・キラー”を名乗るライバルが出現している。その中で「打倒・セミ」を掲げ、現在競争が激化しているのがEVトラックの分野だ。

老舗とベンチャーが販路競い合う

テスラがEVトラックのコンセプトを発表する以前にEVトラック開発に着手していたのはドイツのダイムラー社や米国のトラックメーカー、ナビスターなど極めて少数の企業だったが、2017年から今年に入りアメリカでは次々にEVトラックメーカーが生まれ、将来の販路を競い合っている。

新興勢力のほとんどはベンチャー企業でEVトラックに特化している、という特徴がある。その多くがロサンゼルスに本拠を置いており、発売を来年のセミの発売に合わせてきている点、コンセプトモデルを貨物運送会社のフェデックス、UPS、郵便局などのフリート(商用車両)としてテスト運用している点も似通っている。代表的な企業にチェンジ(Chanje)、アライバル、ワークホース、トール(Thor)などがある。

次ページ貨物輸送会社と提携する社も
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT