ベンツお披露目、「テスラ対抗」電気車の素顔

電気自動車専門ブランド「EQ」初の市販モデル

  9月4日、独自動車大手ダイムラーは、メルセデス・ベンツの電気自動車(EV)専門ブランド「EQ」初の市販モデルで、スポーツタイプ多目的車(SUV)の「EQC」を当地のイベントでお披露目した。ストックホルムで撮影(2018年 ロイター/Esha Vaish)

[ストックホルム 4日 ロイター] - 独自動車大手ダイムラー<DAIGn.DE>は4日、メルセデス・ベンツの電気自動車(EV)専門ブランド「EQ」初の市販モデルで、スポーツタイプ多目的車(SUV)の「EQC」を当地のイベントでお披露目した。

EQCは、現在米テスラ<TSLA.O>の独擅場となっている高級EV市場に対するダイムラーの攻勢の先陣を切る。

TT News Agency/Soren Andersson/via REUTERS

ツェッチェ最高経営責任者(CEO)は、2022年までに最大で10種類のEVをそろえるという同社の目標は変わらないと述べた上で、EQCなどEVの売上高が2025年までに全収入の15─25%に達することを目指したいと付け加えた。

テスラはこれまで高級EV市場で先行者の優位をほぼ独り占めし、まだ知名度が低く、性能面の実績もなかったEVに対しても、高額を支払ってくれる新し物好きの「アーリーアダプター」層を取り込んできた。ただ足元でテスラは資金繰りや生産増強能力について疑問符が付けられており、ダイムラーをはじめとするドイツ勢のEVが割って入れる状況が生まれつつある。

次ページ「EQC」の写真はこちら?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT