エアビー、「万里の長城に1泊」を撤回したワケ

監視塔に4組が宿泊できるはずだったが…

 8月9日、米民泊仲介サイトのエアビーアンドビー(Airbnb)が中国で展開した「万里の長城で一泊」という宣伝キャンペーンが、地元当局の支持が得られず撤回された。写真は6月東京で撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[北京 9日 ロイター] - 米民泊仲介サイトのエアビーアンドビー(Airbnb)が中国で展開した「万里の長城で一泊」という宣伝キャンペーンが、地元当局の支持が得られず撤回された。

同社は先週、万里の長城の監視塔のひとつに4組が宿泊できるとし、募集を開始していた。

しかし、現地の文化委員会は6日、ユネスコの世界遺産に登録されている万里の長城の保全方針にそぐわないとして、このキャンペーンを支持しないと表明した。

エアビーアンドビーは声明で、政府の方針を理解し尊重すると述べ、キャンペーンの中止を発表した。ただ、キャンペーンの開始は数カ月におよぶやり取りでの合意に基づくものだった、と釈明した。

これに対して文化委員会はミニブログのウェイボー(微博)で、エアビーアンドビーから何の申請も受けていないし、承認もしていないと反論した。地元メディアがこのやりとりを9日報道した。

エアビーアンドビーは、今後も「旅先としての中国の魅力を紹介するさまざまな体験やキャンペーンに取り組んでいく」としている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。