アメリカの猫イベント「キャットコン」の意義

日本の「ジバニャン」「ねこあつめ」も人気

 8月4日、米カリフォルニア州パサデナで5日まで、キャットフード会社などの協賛による猫好きのためのイベント「キャットコン」が今年も開催され、約4万5000人の観客が詰めかけた。日本のゲームに登場するキャラクター「ジバニャン」などと写真をとる女性。(2018年 ロイター/Lucy Nicholson)

[5日 ロイター] - 米カリフォルニア州パサデナで4―5日、キャットフード会社などの協賛による猫好きのためのイベント「キャットコン」が今年も開催され、約4万5000人の観客が詰めかけた。

会場では猫の世話や、保護猫を家庭に迎えるためのセミナーなどが行われ、実際に猫327匹の里親探しが行われたほか、保護団体にこれまでに14万3000ドル(約1592万円)の寄付金が集まった。

猫グッズの展示も人気を集め、日本のゲームに登場するキャラクター「ジバニャン」のクッションや、スマートフォン向けゲームアプリ「ねこあつめ」のポスターと写真に収まる人も。猫のコスプレをした観客も多く、思い思いに猫への愛を発揮していた。

*カテゴリーを追加します。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。