スマホゲームの王者がパズドラと組むワケ スーパーセルCEOにソフトバンクグループ入りの狙いを聞く

印刷
A
A

それは、「よりよいものを作る」という考え方だ。その意味で、ガンホーを兄弟のように感じることもある。なぜ、ライバルのガンホーと手を組むのかという疑問もあるだろうが、それは古臭い考え方だろう。両社が手を組むことで、互いを補完し合い、さらなる価値を生むことができる。ガンホーは日本で成功しており、スーパーセルは米国や欧州で強い。互いのノウハウを生かし、さまざまな支援ができると思っている。

――具体的にどのような取り組みを行うつもりか。

ガンホーとコラボする中で、日本での広報や広告のやり方を教えてもらっている。これは続けていきたい。スーパーセルも、ゲームを展開する世界各国でガンホーに支援することができるだろう。今回、グループ入りを決めたいちばんの理由は、長期でスーパーセルの独立性を維持しつつ、事業を展開していけるからだ。ソフトバンクグループとの具体的な取り組みは現段階では特にないが、可能性はあると思っている。

――日本には世界を代表するゲーム企業、任天堂がある。任天堂のことをどのように考えているか。

 ファミリーコンピュータの「スーパーマリオブラザーズ」と「ゼルダの伝説」は子供のころから大好きなタイトルだ。任天堂が本当にすごいのは、ゲームが世界中の人々に愛され、嫌いな人がいないこと。本当に完璧なゲームとキャラクターを作っている。非常に憧れる存在だ。

――どのような会社になりたいか。

スーパーセルは若い会社だが、クラッシュ・オブ・クランは米国で1位、日本でも3位、中国でも2位を記録し、良いスタートが切れたと思っている。これからも、(孫正義社長が「300年ビジョン」を主張するように)300年の歴史を積み重ねていきたい。

目標であるグローバルナンバーワンカンパニーになるためには、世界中のユーザーを結ぶことが重要だ。そのために、非常にハマるようなゲームを作っていかなければならない。だが、非常に難しいのは、完璧なものを目指す中でも多くの失敗があることだろう。時間と辛抱が必要だ。ソフトバンクは、そうした長期の観点を持って支援してもらえる、よりよいパートナーだと思っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT