独バイエル、通年見通し小幅下方修正

今期売上高予想は約400億ユーロに

10月31日、独医薬品大手バイエルは、2013年の売上高見通しを小幅下方修正。写真は同社のロゴ。2011年4月撮影(2013年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[フランクフルト 31日 ロイター] -ドイツの医薬品大手バイエルは31日、2013年の売上高見通しを従来の400億─410億ユーロから約400億ユーロ(550億ドル)に小幅下方修正した。

ユーロがドルなどの他通貨に対して上昇したことが、海外の売り上げを圧迫している。

第3・四半期にユーロの対ドル平均レートは、前年同期比で約6%高となった。今月に入りユーロは、対ドルで約2年ぶりの高値をつけている。

バイエルの第3・四半期の決算は、利払い・税・償却前利益(EBITDA)が7.7%増の19億8000万ユーロと、ロイター調査の市場予想平均の18億6000万ユーロを上回った。新薬の売り上げが大きく伸びたことが寄与した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。