独バイエル、通年見通し小幅下方修正

今期売上高予想は約400億ユーロに

10月31日、独医薬品大手バイエルは、2013年の売上高見通しを小幅下方修正。写真は同社のロゴ。2011年4月撮影(2013年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[フランクフルト 31日 ロイター] -ドイツの医薬品大手バイエルは31日、2013年の売上高見通しを従来の400億─410億ユーロから約400億ユーロ(550億ドル)に小幅下方修正した。

ユーロがドルなどの他通貨に対して上昇したことが、海外の売り上げを圧迫している。

第3・四半期にユーロの対ドル平均レートは、前年同期比で約6%高となった。今月に入りユーロは、対ドルで約2年ぶりの高値をつけている。

バイエルの第3・四半期の決算は、利払い・税・償却前利益(EBITDA)が7.7%増の19億8000万ユーロと、ロイター調査の市場予想平均の18億6000万ユーロを上回った。新薬の売り上げが大きく伸びたことが寄与した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。