ジョコビッチ、ウィンブルドンで優勝の快挙

グランドスラム通算優勝回数は「13」に

 7月15日、テニスのウィンブルドン選手権、男子シングルス決勝でノバク・ジョコビッチ(左)がケビン・アンダーソン(右)を6─2、6─2、7─6で制し、優勝を果たした(2018年 ロイター/Tony O'Brien)

[ロンドン 15日 ロイター] - テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権は15日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス決勝を行い、第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第8シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6─2、6─2、7─6で制し、優勝を果たした。

ジョコビッチはグランドスラム通算優勝回数を13とした。ウィンブルドンでのシングルス制覇は2011年、14年、15年に続き4回目となった。

ジョコビッチは昨年の同大会準々決勝をひじの故障で途中棄権し、その後手術を受けた。コート上でのインタビューで、「実戦に復帰できるのか不安ばかりだった」とし、「グランドスラム優勝は2年ぶりだが、ウィンブルドンは本当に特別な場所」と述べた。

アンダーソンは敗れはしたものの、最新の世界ランキングで自己ベストの5位に浮上。準々決勝、準決勝とフルセットマッチを勝ち抜いてたどり着いた決勝戦について「週の初めよりは疲れていたが、21時間休養して決勝に臨めたので、本当に意義深い試合だった」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT