ジョコビッチ、ウィンブルドンで優勝の快挙

グランドスラム通算優勝回数は「13」に

 7月15日、テニスのウィンブルドン選手権、男子シングルス決勝でノバク・ジョコビッチ(左)がケビン・アンダーソン(右)を6─2、6─2、7─6で制し、優勝を果たした(2018年 ロイター/Tony O'Brien)

[ロンドン 15日 ロイター] - テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権は15日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス決勝を行い、第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第8シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6─2、6─2、7─6で制し、優勝を果たした。

ジョコビッチはグランドスラム通算優勝回数を13とした。ウィンブルドンでのシングルス制覇は2011年、14年、15年に続き4回目となった。

ジョコビッチは昨年の同大会準々決勝をひじの故障で途中棄権し、その後手術を受けた。コート上でのインタビューで、「実戦に復帰できるのか不安ばかりだった」とし、「グランドスラム優勝は2年ぶりだが、ウィンブルドンは本当に特別な場所」と述べた。

アンダーソンは敗れはしたものの、最新の世界ランキングで自己ベストの5位に浮上。準々決勝、準決勝とフルセットマッチを勝ち抜いてたどり着いた決勝戦について「週の初めよりは疲れていたが、21時間休養して決勝に臨めたので、本当に意義深い試合だった」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT