マンジュキッチ、「獅子のように戦った」

クロアチアの強さの秘密とは?

 7月11日、サッカーのW杯ロシア大会準決勝、クロアチアはイングランドを相手にマリオ・マンジュキッチの決勝ゴールで2─1の勝利を収めた(2018年 ロイター/Carl Recine)

[モスクワ 11日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は11日、準決勝を行い、クロアチアはイングランドを相手にマリオ・マンジュキッチの決勝ゴールで2─1の勝利を収めた。

マンジュキッチは先制されてからの逆転勝利に「イングランドのような相手に勇敢に反撃できるのは偉大なチームだけ」とコメント。そして「今夜われわれは獅子のように戦った。決勝でも同じように戦う」と述べた。

クロアチアは1998年に初出場で準決勝進出したのが最高成績だったが、同国初の決勝進出を決めた。これは2010年大会のスペイン以来で、W杯史上で決勝戦を戦う13チーム目となった。決勝トーナメントでは、デンマークとロシアを相手にPK戦で勝利し、このイングランド戦を含めて3試合連続で延長戦を戦い、全て0─1の不利な状況を跳ね返してきた。

15日の決勝戦で対戦するフランスは、クロアチアが20年前の準決勝で敗れた相手。クロアチアのズラトコ・ダリッチ監督は「この試合は歴史的な意味を持つかもしれない」と述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。