豪政府、中国大手に参入許可せず

華為技術のブロードバンド網整備に懸念

10月29日、豪州のブランディス司法長官は全国ブロードバンド網(NBN)整備計画について、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を参入禁止にする方針であることを明らかに。写真は同社のロゴ。1月撮影(2013年 ロイター/Rick Wilking)

[シドニー 29日 ロイター] -オーストラリアのブランディス司法長官は29日、380億ドル規模の全国ブロードバンド網(NBN)整備計画について、前政権と同様に中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を参入禁止にする方針であることを明らかにした。

労働党の前政権は、セキュリティー上の懸念から同社の入札参加禁止を決めた。現連立政権の中には、ターンブル通信相をはじめ、参入禁止の見直しを支持する声があったため、解禁への期待が高まっていた。

ブランディス司法長官は電子メールを通じてロイターに対し、新政権は選挙後、セキュリティー担当機関から説明を受けてきたとし、これまでの方針を変更する決定はされていないとコメントした。

これに対し中国側は懸念を表明。外務省の華春瑩報道官は「セキュリティー上の懸念を口実として、2国間の正常な経済協力関係に介入することに、われわれは一貫して反対している」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT