東芝、ポーランドの液晶テレビ工場を売却

約700人の従業員は台湾コンパルに

10月28日、東芝はポーランドの液晶テレビ工場を台湾の仁宝電脳工業(コンパル・エレクトロニクス)に売却すると発表した。写真は5月、都内で撮影(2013年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 28日 ロイター] -東芝<6502.T>は28日、ポーランドの液晶テレビ工場を台湾の仁宝電脳工業(コンパル・エレクトロニクス)<2324.TW>に売却すると発表した。すでに公表している海外のテレビ工場3カ所を1カ所に集約する計画の一環。欧州市場向けのテレビは、コンパル傘下となる同工場への委託を通じて供給する。

売却額は2500万ドル。約700人の従業員はコンパルに移る。これまでも東芝はコンパルに液晶テレビの生産を委託している。

東芝のテレビ事業は2012年度に500億円弱の営業赤字を計上。すでに国内生産から撤退している。インドネシアとポーランド、中国にある海外工場については、2拠点を売却または生産停止にする計画を発表していた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT