東芝、ポーランドの液晶テレビ工場を売却

約700人の従業員は台湾コンパルに

10月28日、東芝はポーランドの液晶テレビ工場を台湾の仁宝電脳工業(コンパル・エレクトロニクス)に売却すると発表した。写真は5月、都内で撮影(2013年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 28日 ロイター] -東芝<6502.T>は28日、ポーランドの液晶テレビ工場を台湾の仁宝電脳工業(コンパル・エレクトロニクス)<2324.TW>に売却すると発表した。すでに公表している海外のテレビ工場3カ所を1カ所に集約する計画の一環。欧州市場向けのテレビは、コンパル傘下となる同工場への委託を通じて供給する。

売却額は2500万ドル。約700人の従業員はコンパルに移る。これまでも東芝はコンパルに液晶テレビの生産を委託している。

東芝のテレビ事業は2012年度に500億円弱の営業赤字を計上。すでに国内生産から撤退している。インドネシアとポーランド、中国にある海外工場については、2拠点を売却または生産停止にする計画を発表していた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 住みよさランキング
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT