米国の地方新聞社で銃撃、少なくとも4人死亡

メリーランド州の「キャピタル・ガゼット」で

 4月28日、米メリーランド州アナポリスの新聞社で、銃撃事件が発生し、少なくとも5人が死亡、少なくとも3人が負傷した。写真は現場付近で撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)

[アナポリス(米メリーランド州) 28日 ロイター] - 米メリーランド州アナポリスの新聞社で28日、銃撃事件が発生し、少なくとも5人が死亡、少なくとも3人が負傷した。容疑者は拘束された。

事件は、現地の新聞「キャピタル・ガゼット」の事務所で発生。

警察は動機について明らかにしていないものの、当局筋がロイターに述べたところによると、テロとの関連性はないとみているという。

警察は、爆発物の可能性がある物を押収したことを明らかにした。

容疑者や犠牲者の情報は明らかにされていないが、郡警察は、容疑者の名前を後ほど公表するとツイッターに投稿した。

当局によると、事件を受けてメリーランド州ボルチモアやニューヨーク市では、万一に備えて警察が主要メディアの事務所に人員を派遣し、警備を強化した。

ニューヨーク警察の広報担当者は、現時点で差し迫った脅威はないと述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT