ツイッターは来月7日にも上場へ

時価総額は最大109億ドルに

10月24日、米短文投稿サイト運営大手ツイッターは、新規株式公開(IPO)で7000万株を発行する方針を示した。写真はワルシャワで9月撮影(2013年 ロイター/Kacper Pempel)

[サンフランシスコ 24日 ロイター] - 米短文投稿サイト運営大手ツイッターは24日、新規株式公開(IPO)で7000万株を売却する方針を示した。公開価格は1株当たり17―20ドルとした。

公開価格に基づく時価総額は最大109億ドルで、アナリストの一部で予想されていた150億ドルを下回った。IPO実施後の発行済み普通株式は、5億4469万6816株になるとしている。

同社が同日提出した修正版の目論見書によると、IPOによる調達額は引受幹事会社が1050万株のオーバーアロットメントを行使すれば、最大16億ドルになる見通し。

ロイターが確認した資料によると、11月6日に公開価格が決定する見込みで、早ければ同月7日にも上場する可能性がある。

事情に詳しい関係筋によると、ツイッターと引受幹事会社は10月28日から2週間にわたって投資家説明会を行う。

企業調査会社PrivCoのSam Hamadeh氏はツイッターの公開価格について、「保守的であり、ロードショーが始まれば少なくとも1回は引き上げられることになりそうだ」と指摘。「IPO規模もやや小さい」としつつ、「しかし投資家の需要をいったん測れば価格の引き上げは1回にとどめるかもしれない。価格と規模の両方を引き上げたのはフェイスブックの致命的なミスだった」と述べた。

フェイスブックは2012年5月に上場を果たしたものの、株価は上場後、公開価格を下回った。ツイッターは、ネット企業のIPOとしてはフェイスブック以来最も大きな注目を集めている。

約2億3000万人のアクティブユーザーを抱えるツイッターは、ニューヨーク証券取引所にティッカーシンボル「TWTR」で上場する方針を示している。

同社の第3・四半期売上高は1億6860万ドル、純損益は6460万ドルの赤字となっている。

*内容をさらに追加して再送します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT