チャイナユニコムの3Q、予想上回る51%増益

中国2位の携帯電話会社

10月24日、中国第2位の携帯電話会社、中国連合通信の第3・四半期決算は前年同期比51%の増益に。写真は北京市内の同社店舗で3月撮影(2013年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[北京 24日 ロイター] - 中国第2位の携帯電話会社、中国連合通信(チャイナ・ユニコム)<0762.HK>の第3・四半期決算は前年同期比51%の増益となり、市場予想を上回った。

24日の市場取引終了後に発表された1─9月期決算に基づくロイターの算出によると、7─9月の純利益は30億5000万元(5億0136万ドル)で、前年同期の20億2300万元から増加した。

ロイターがまとめたアナリスト4人の予想平均は28億4000万元だった。

同社株は24日の香港株式市場を1.7%高で終了した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT