チャイナユニコムの3Q、予想上回る51%増益

中国2位の携帯電話会社

10月24日、中国第2位の携帯電話会社、中国連合通信の第3・四半期決算は前年同期比51%の増益に。写真は北京市内の同社店舗で3月撮影(2013年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[北京 24日 ロイター] - 中国第2位の携帯電話会社、中国連合通信(チャイナ・ユニコム)<0762.HK>の第3・四半期決算は前年同期比51%の増益となり、市場予想を上回った。

24日の市場取引終了後に発表された1─9月期決算に基づくロイターの算出によると、7─9月の純利益は30億5000万元(5億0136万ドル)で、前年同期の20億2300万元から増加した。

ロイターがまとめたアナリスト4人の予想平均は28億4000万元だった。

同社株は24日の香港株式市場を1.7%高で終了した。

人気記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。