ドル110円前半、市場の関心は米大統領会見へ

リスクオフにもリスクオンにもならない?

 6月12日、正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の110.21/23円だった。写真は都内で昨年2月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 12日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の110.21/23円だった。米朝首脳会談が行われる中、動きづらい相場となっている。

トランプ米大統領と金正恩鮮労働党委員長は1対1の会談を終え、他の高官も同席する拡大会合に移った。今のところ両者は友好ムードを出しており、目先は、午後5時頃から行われる予定のトランプ大統領の記者会見に関心が向かいそうだ。

市場からは「表面的な友好ムードを保ちつつ、今後、北朝鮮の非核化の詳細を詰めていくとなれば、予想通りの展開。リスクオフになることはないものの、リスクオンにもならないのではないか」(外為アナリスト)との見方が出ていた。

米朝首脳会談の全日程が滞りなく終われば、市場の目線は、あす発表される米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーの金利予想に向かいそうだ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
株主総会で賛成率が急落<br>機関投資家が物言う株主に

低支持率の役員167名を実名公開!低出席率、低ROEなどを理由に、機関投資家は役員選任議案に反対票を投じ始めた。「物言わぬ株主」といわれた機関投資家が変貌した理由は?