ドル110円前半、市場の関心は米大統領会見へ

リスクオフにもリスクオンにもならない?

 6月12日、正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の110.21/23円だった。写真は都内で昨年2月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 12日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の110.21/23円だった。米朝首脳会談が行われる中、動きづらい相場となっている。

トランプ米大統領と金正恩鮮労働党委員長は1対1の会談を終え、他の高官も同席する拡大会合に移った。今のところ両者は友好ムードを出しており、目先は、午後5時頃から行われる予定のトランプ大統領の記者会見に関心が向かいそうだ。

市場からは「表面的な友好ムードを保ちつつ、今後、北朝鮮の非核化の詳細を詰めていくとなれば、予想通りの展開。リスクオフになることはないものの、リスクオンにもならないのではないか」(外為アナリスト)との見方が出ていた。

米朝首脳会談の全日程が滞りなく終われば、市場の目線は、あす発表される米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーの金利予想に向かいそうだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。