ドル110円前半、市場の関心は米大統領会見へ

リスクオフにもリスクオンにもならない?

 6月12日、正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の110.21/23円だった。写真は都内で昨年2月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 12日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の110.21/23円だった。米朝首脳会談が行われる中、動きづらい相場となっている。

トランプ米大統領と金正恩鮮労働党委員長は1対1の会談を終え、他の高官も同席する拡大会合に移った。今のところ両者は友好ムードを出しており、目先は、午後5時頃から行われる予定のトランプ大統領の記者会見に関心が向かいそうだ。

市場からは「表面的な友好ムードを保ちつつ、今後、北朝鮮の非核化の詳細を詰めていくとなれば、予想通りの展開。リスクオフになることはないものの、リスクオンにもならないのではないか」(外為アナリスト)との見方が出ていた。

米朝首脳会談の全日程が滞りなく終われば、市場の目線は、あす発表される米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーの金利予想に向かいそうだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT