米キャタピラー減収減益

通年見通し再び下方修正

10月23日、米重機大手のキャタピラーが発表した第3・四半期決算は、鉱山向け重機の需要低迷が響き減収減益となった。写真は同社の機械。2月撮影(2013年 ロイター/Eric Vidal)

[シカゴ 23日 ロイター] - 米重機大手のキャタピラーが23日発表した第3・四半期決算は、鉱業向け重機の需要低迷が響き減収減益となった。通年の業績見通しも下方修正した。

第3・四半期の利益は9億4600万ドル(1株当たり1.45ドル)。前年同期の17億ドル(同2.54ドル)から減少した。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリストの1株当たり利益予想は1.66ドルだった。

売上高は18%減の134億ドル。

オーバーヘルマン会長兼最高経営責任者(CEO)は、CNBCテレビとのインタビューで、鉱業からの受注は再び活発化するものの、いつになるかは分からないと見通した。

同氏は「最近話した鉱業の顧客らは、私と同様、長期的にはとても強気だ」と指摘。「ただ、長期というのが来年になるのか、5年、10年なのかは分からない。ただ(需要は)戻ってくる」と自信を示した。

同社は第3・四半期に3000人を追加削減したことを明らかにし、一段の縮小もあり得るとした。

オーバーヘルマン氏は「建設や鉱業、エネルギー事業を見直してコストを削減し、売上高が持ち直せば、とても良い時期が迎えられるだろう」と指摘。「ただ今は、鉱業が2014年にかけて弱含み続けるとみている」と話した。

通年の業績については、売上高が約550億ドル、1株当たり利益が5.50ドルになると予想。それぞれ560億─580億ドル、6.50ドルとしていた従来予想を下方修正した。通年業績の見通し引き下げは3度目となる。

修正後の売上高見通しは、昨年を約17%、110億ドル下回り、減少分の約75%は鉱業向けの受注減少によるものと説明している。

2014年については、前年比5%の増減を見込んでいるとした。キャタピラーが2014年の業績見通しを公表したのは今回が初めて。

23日午前の取引で同社株は6%近く下落した。

*内容を追加して再送します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT