伊新政権の財政拡大措置に中銀総裁が警告

身の丈に合わない政策なら「崖から転落」

 6月8日、イタリア銀行(中央銀行)のビスコ総裁(写真)は、同国の財政状況について、いかなる政権も国の財政に与える影響が限定的な政策しか取れず、そうでなければ崖から転落するリスクをもたらすだろうと述べた。ローマで昨年10月撮影(2018年 ロイター/Remo Casilli)

[ミラノ 8日 ロイター] - イタリア銀行(中央銀行)のビスコ総裁は8日、同国の財政状況について、いかなる政権も国の財政に与える影響が限定的な政策しか取れず、そうでなければ崖から転落するリスクをもたらすだろうと述べた。

イタリアでは大衆迎合主義(ポピュリズム)政党の「五つ星運動」と極右政党「同盟」による連立政権が成立。エコノミストの試算では、その政策に必要な予算は1000億ユーロを超えるとされる。

イタリアの公的債務は世界第3位の2兆3000億ユーロ規模。

ビスコ総裁は、財政政策について「身の丈に合わない措置を取るべきではない」と警告した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT