日経平均株価は4日続伸、一時200円超高

米株高や円安で心理改善、主力株に買い戻し

 6月7日、東京株式市場で日経平均は4日続伸。終値は5月22日以来の高値水準を付けた。前日の米国株高の流れを引き継ぎ、主力大型株に買い戻しやリスク選好の資金が入った。写真は都内で2015年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 7日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は4日続伸。終値は5月22日以来の高値水準を付けた。前日の米国株高の流れを引き継ぎ、主力大型株に買い戻しやリスク選好の資金が入った。為替の円安基調も投資家心理を改善させた。あすのメジャーSQ(特別清算指数)算出に向けた先物ロールオーバーは順調との見方が広がり需給懸念も後退。上げ幅は一時200円を超えたが、米朝首脳会談などの重要イベントを控え、大引けはやや上げ幅を縮めた。

TOPIXは0.64%高。東証1部の売買代金は2兆5451億円だった。セクター別では証券が上昇率トップ。化学、その他製品、パルプ・紙がこれに続いた。一方、精密機器、鉱業、水産・農林などが下落率上位に入った。市場では「為替が日銀短観の想定レート1ドル109円66銭より円安に進み、企業業績に対する警戒感が後退した。もっとも、東証1部売買代金の水準は物足りない。日経平均が節目の2万3000円を上抜くには3兆円程度まで増加する必要がある」(岡三オンライン証券チーフストラテジストの伊藤嘉洋氏)との声が出ていた。

個別銘柄では、くらコーポレーション<2695.T>が大幅高。2017年11月─2018年4月期の連結純利益が前年同期比7.3%増だったと6日に発表し、好業績を評価する買いが入った。半面、三井ハイテック<6966.T>は続落し、年初来安値を更新。同社は6日、2018年2―4月期の連結純利益が前年同期比63%減になったと発表した。減価償却費の増加などが響いた。減益決算を嫌気する売りが優勢だった。

東証1部の騰落数は、値上がり1555銘柄に対し、値下がりが462銘柄、変わらずが67銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      22823.26 +197.53

寄り付き    22748.72

安値/高値   22732.18─22856.37

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1789.01 +11.42

寄り付き     1786.61

安値/高値    1784.56─1790.23

 

東証出来高(万株) 143415

東証売買代金(億円) 25451.19

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT