レクサス「ES」はカムリと一体何が違うのか

今秋、最新技術投入の7代目が日本に初上陸

パワートレーンは北米向けにはマルチシリンダー需要からV6-3.5Lガソリンエンジン、中国向けは税制の問題から直4-2.0Lガソリンエンジンを設定するが、メインは直4-2.5Lガソリンエンジンにモーターを組み合わせるハイブリッド。日本向けはハイブリッドのみの設定となる。

その印象は先行して搭載されているカムリと大きく変わらないが、力強いモーターと低中速トルク&レスポンスがアップしたエンジンとの相性もよく、エンジン回転だけが高まって加速感がついてこないラバー・バンド・フィールもかなり抑えられているので、日常走行の多くの領域でハイブリッドを意識することはほとんどない。燃費を意識することなく走らせても省燃費なのは嬉しいポイントだろう。

ただ、標準車との組み合わせはまったく問題ないが、スポーティグレードである「Fスポーツ」との組み合わせだと官能的に訴えるモノが足りない。たとえば、LS/LCのようなトランスミッションのステップ制御やエンジンサウンドなどが付加できると印象は変わると思う。今後の課題だろう。

プラットフォームは

プラットフォームはカムリから採用がスタートしたTNGA「GA-K」を採用するが、ホイールベースはカムリ+45mm、専用のボディ構造やレーザースクリューウェルディング、構造用接着剤、軽量化素材の積極的な採用などES専用設計だ。

新型ESの素性の良さは誰でも乗った瞬間にわかるくらいのレベルだ(筆者撮影)

サスペンションはES初となるリア・ダブルウィッシュボーンサスの採用やジオメトリーの最適化、新開発のスイングバルブショックアブソーバー、ラック平行式電動パワーステアリングなどが奢られる。そういう意味では、“飛び道具”に頼ることなく基本に忠実かつ本質を重要視した設計だ。

標準車に対してFスポーツはパフォーマンスダンパーやリニアソレノイド式AVS+19インチタイヤ&ホイールを用いた専用セットのサスペンションがプラスされている。

先代の6代目ESは快適性こそよかったが、肝心な走りは良くも悪くも大味だった。対して、7代目に切り替わった新型ESの素性の良さは誰でも乗った瞬間にわかるくらいのレベルである。

心地よいダルさを持ちながらも正確性の高いステアリング、操作に対して忠実な応答性、直進性の高さと安心感ある素直なハンドリングのバランス、LS/LCのように運動性能の良さを声高らかにアピールをしていない。そう、あくまでも「内に秘めた」という乗り味なのだ。レクサス共通の走りの考え方「すっきりと奥深く」を最も実現できているモデルだと感じた。

次ページ乗り味は…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。