米ツイッター、IPO前に10億ドル融資枠確保

22日公表された目論見書で明らかに

10月22日、ツイッターが新規株式公開を前に10億ドルの融資枠を確保したことが目論見書で明らかになった。フランクフルトで21日撮影(2013年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[サンフランシスコ 22日 ロイター] - 米短文投稿サイト運営大手ツイッターは新規株式公開(IPO)を前に、10億ドルの融資枠を確保した。22日公表された目論見書で明らかになった。

トムソン・ロイター・LPCは今月に入り、IPOの幹事でもある米金融大手ゴールドマン・サックス、米モルガン・スタンレー、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ、ドイツ銀行が融資枠確保に向けた調整に当たっていると伝えていた。

ツイッターによると、まだ融資は実行されていない。

ツイッターは11月半ばまでにニューヨーク証券取引所(NYSE)に株式を上場する見込み。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 就職四季報プラスワン
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。