米ツイッター、IPO前に10億ドル融資枠確保

22日公表された目論見書で明らかに

10月22日、ツイッターが新規株式公開を前に10億ドルの融資枠を確保したことが目論見書で明らかになった。フランクフルトで21日撮影(2013年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[サンフランシスコ 22日 ロイター] - 米短文投稿サイト運営大手ツイッターは新規株式公開(IPO)を前に、10億ドルの融資枠を確保した。22日公表された目論見書で明らかになった。

トムソン・ロイター・LPCは今月に入り、IPOの幹事でもある米金融大手ゴールドマン・サックス、米モルガン・スタンレー、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ、ドイツ銀行が融資枠確保に向けた調整に当たっていると伝えていた。

ツイッターによると、まだ融資は実行されていない。

ツイッターは11月半ばまでにニューヨーク証券取引所(NYSE)に株式を上場する見込み。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。