米ツイッター、IPO前に10億ドル融資枠確保

22日公表された目論見書で明らかに

10月22日、ツイッターが新規株式公開を前に10億ドルの融資枠を確保したことが目論見書で明らかになった。フランクフルトで21日撮影(2013年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[サンフランシスコ 22日 ロイター] - 米短文投稿サイト運営大手ツイッターは新規株式公開(IPO)を前に、10億ドルの融資枠を確保した。22日公表された目論見書で明らかになった。

トムソン・ロイター・LPCは今月に入り、IPOの幹事でもある米金融大手ゴールドマン・サックス、米モルガン・スタンレー、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ、ドイツ銀行が融資枠確保に向けた調整に当たっていると伝えていた。

ツイッターによると、まだ融資は実行されていない。

ツイッターは11月半ばまでにニューヨーク証券取引所(NYSE)に株式を上場する見込み。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT