ノキア、大画面スマホと新タブレット端末発表

年内から来年にかけ発売へ

10月22日、ノキアは同社初となるタブレット端末と、大画面スマートフォン2機種をアブダビで開催されたイベントで発表。写真は同社のロゴ。昨年9月撮影(2013年 ロイター/Sari Gustafsson/Lehtikuva)

[アブダビ/ヘルシンキ 22日 ロイター] - フィンランドのノキアは22日、同社初となるタブレット端末と、大画面スマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)のファブレット2機種をアブダビで開催されたイベントで発表した。

披露したのは「ルミア2520」タブレット端末と「ルミア1520」および「ルミア1320」タブレット端末。3機種とも、米マイクロソフトに携帯電話事業を売却することで合意する前に開発した。

3機種ともにマイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズフォン」を搭載している。競合するアップルも22日のメディアイベントで、タブレット端末「iPad(アイパッド)」の新機種を発表した。

タブレット2機種は6インチの画面を採用。20メガピクセルの高解像度カメラを搭載するルミア1520は年内に749ドルで発売する見通し。

ルミア1320は339ドルと、1520より低く価格を設定。来年の発売を予定している。

ルミア2520タブレットは複数の色を用意し、画面は10インチを採用。価格は499ドルとなる見通しで、米国の年末商戦期の発売を目指す。

マイクロソフトのビジネスソフトウエア「ワード」や「エクセル」の利用やキーボードになるカバーの取り付けが可能なほか、USBポートを搭載したことなどが、アップルとの競争で強みになる可能性がある。

アナリストは3機種について、比較的低めの価格設定であり関心が集まる可能性はあるが、年末商戦をにらみ同様に新機種を投入する他社と競うことができるかどうかは疑問だとした。

またノキアは、独自のタブレット端末「サーフェス」を持つマイクロソフトによる買収が来年初めに完了する見通しで、統合後の両社のタブレットの位置付けをめぐり懸念の声も出ている。

ノキアは2011年、モバイル端末のOSとして「ウィンドウズフォン」の採用を決めたが、スマホ市場ではアップルの「iOS」とグーグルの「アンドロイド」が9割を超えるシェアを握る。

調査会社IDCによると、第3・四半期のウィンドウズフォンのシェアは4.2%。第2・四半期は3.7%だった。

*内容を追加して再送します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT