籠池氏を焚きつけかねないメディアの無思慮

トリックスターは、もうたくさんだ

保釈後、開かれた記者会見で質問に答える籠池泰典被告。左は妻の諄子被告=25日午後、大阪市の大阪弁護士会館(写真:共同通信)

「財務省の問題で勾留されたのは“国策勾留”であると認識している。家内については全くの冤罪で、まさに人権蹂躙だと認識している」

学校法人「森友学園」の補助金詐取事件で逮捕・勾留されていた籠池泰典前理事長は5月25日に保釈され、同日夜に開いた会見で開口一番に不当逮捕・不当勾留であることを強調した。

「大阪府の告訴については、どうも警察と示し合わせた松井・維新の政治的カモフラージュではないかと思っている」などと独特な見解をてらいもなく語る“籠池節”も健在だった。

「小学校建設を諦めたわけではない」

2017年7月31日に逮捕されて以来、300日ぶりに公の場で姿を見せた籠池氏だったが、やつれた様子はなかった。

会見の場で籠池氏が見せたのは、安倍晋三首相への厳しい対決姿勢。発言の端々に痛烈なあてこすりが散見された。

たとえば、「私はこれから活躍させてもらうが、小学校建設は諦めたわけではない。吉田松陰の志を持って進ませていただく」という言葉。山口県萩市の出身の吉田松陰は安倍首相が尊敬する人物で、安倍首相の名前は吉田門下の高杉晋作にちなんでいる。

安倍首相の父方の祖父である安倍寛は「昭和の吉田松陰」と呼ばれてもいた。それに対するあてつけだろう、松蔭の志を継ぐのはこちらとばかり、籠池氏はその名前を持ち出しながら、小学校設立を目指すことを宣言した。ただし、「首相夫妻の威光」を使えなくなったいま、籠池氏が夢を実現させることは、極めて困難といわざるをえない。

憲法改正にも言及した。「今上陛下は憲法9条改正に賛成しておられない。今上陛下が危惧されておられることについては、しない方がよろしかろうと思う」。憲法9条改正は安倍首相の悲願。天皇陛下という権威を持ち出すことで否定してみせるやり口は、「昭恵夫人」を持ち出すことでグイグイ小学校建設を進めようとした籠池氏らしい”論理”だ。しかし、現行憲法下において、天皇の考えを勝手に推測し、しかもその忖度を求めるというのは、まったくの不適切発言だ。

次ページ拘留中に読んだのは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT