「クルマ王国」米国で進化した路面電車の実力

市街地の軌道を地下化、ライトレールに脱皮

ペンシルべニア州ピッツバーグを走るLRT(筆者撮影)

筆者も何度か動向をお伝えした栃木県宇都宮市および芳賀町のLRT(次世代型路面電車)計画は、今年3月に国土交通省が軌道敷設の工事施行を認可した。5月末に起工式を行う予定だという。

開業予定は2022年3月と、当初の予定より約3年遅れることになるが、我が国で全線新設のLRTは初でもあり、今後も注目すべき存在だ。

一方、岡山県の岡山市および総社市を走るJR西日本吉備線(通称・桃太郎線)でも、15年前から構想があったLRT化がここへきて動き始めた。4月上旬、両市長とJR西日本社長が会談し、LRTへの転換について合意したのだ。

こちらで注目したいのは、運行事業者として新たに第三セクターの会社を設立したりはせず、JR西日本が引き続き運行を担当することだ。実現すればJRグループにとって初めてのLRT路線になる。

「LRT」は米国発祥の言葉

このように再びスポットが当たりつつあるLRT、我が国では欧州の事例を参考にすることが多かった。しかしLRTとはLight Rail Transitの略であり、米国発祥の言葉である。

自動車王国と言われることもある米国だが、1960年代になると欧州同様、自動車に依存した社会が大気汚染や交通渋滞、都市のスプロール化などさまざまな問題を引き起こしはじめた。特にスプロール化は欧州より顕著で、多くの都市のダウンタウンは荒廃し、犯罪が多発した。交通問題のみならず都市問題も引き起こしていた。

公共交通としては路線バスが存在していたものの、交通渋滞に巻き込まれて遅れが恒常化しており、利便性の低下は深刻だった。さらに1970年代に入るとオイルショックに見舞われる。こうした状況から、都市問題解決のための鉄道が見直されるようになった。

その頃、欧州のドイツやスイスなどでは、既存の路面電車を近代化することで、現代の都市交通に転換させつつあった。米国はその姿に注目。重厚長大だった既存の鉄道と区別する意味で、LRTという言葉を使うようになったようだ。

次ページ実は欧州より大胆?米国のLRT整備
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。