《NEWS@もっと!関西》華麗なる転身! 「くいだおれ太郎」がタレント稼業へ

《NEWS@もっと!関西》華麗なる転身! 「くいだおれ太郎」がタレント稼業へ

全国的に注目されていた名物人形の去就が、ついに決まった。

今年7月に閉店した大阪・道頓堀の老舗料理店「くいだおれ」は20日、看板人形の「くいだおれ太郎」について、商標権を保有したまま有料でイベントなどに貸し出すと発表した。同社は売却を視野に検討してきたが、閉店以降、イベントへの出演依頼が200件に上るなど“タレント”としてのオファーが殺到。そのため、当初の方針を転換した。

既に、商標権を運営管理する新会社を設立している。創業家であり取締役の柿木央久氏が新会社「太郎カンパニー」の社長に就任。今後はイベント出演だけでなく、グッズの企画・販売などにも携わっていくという。プロモーションなど広報活動は、電通などを中心とした組織「くいだおれ太郎プロジェクトチーム」が行う。

気になる出演料については、「相場を見ながら検討しているところ。公共性の高い依頼については高額にならないようにと考えている」(くいだおれの柿木取締役)としている。太郎は目下、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(此花区)のハロウィーンイベントに出演中。今月22日には大阪市内のライブイベントに、続いて11月8日には「富士山静岡空港」(来春開業予定)のイベントにも出演が決まっている。早くも人気タレント並みの活躍ぶりで、柿木取締役は「(イベント出演により)年商500万~600万円程度を見込んでいる」と語る。

タレント活動以外のときは、従来通り大阪「ミナミ」に再び立つ可能性もある。「道頓堀に戻ってこさせたいという思いはある」(柿木取締役)。かつて太郎が立っていた場所は、店舗のシャッターが閉じられていることもあり、暗い影を落としている。ミナミの象徴が戻ってくれば、再び賑やかさを取り戻すだろう。
(梅咲 恵司= 東洋経済オンライン)

《NEWS@もっと!関西》では、関西発の情報をお届けします!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT