日中韓首脳会談「北朝鮮は主要な議題でない」

中国外務次官が個人的な考えとして表明

 5月4日、中国の孔鉉佑外務次官は、翌週に東京で開かれる日中韓首脳会談で北朝鮮問題が主要な議題にはならないだろうと述べた。写真は北朝鮮の国旗。韓国・坡州市から4月撮影(2018年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[北京 4日 ロイター] - 中国の孔鉉佑外務次官は4日、翌週に東京で開かれる日中韓首脳会談で北朝鮮問題が主要な議題にはならないだろうと述べた。

「三国間の連携が主な協議事項」

尖閣諸島問題などを受けて関係悪化が続いた後、日中両国は関係を修復しようとしている。日中韓首脳会談は、3国間の協議・協力を促進する目的で2008年に日本で始まって以来、各国で交互に開催されていた。今回は9日に東京で開催され、北朝鮮問題が主要な議題となると見込まれていた。

孔氏は「話し合ってはいけない議題はない」と発言。「皆が関心のある事項であれば、率直に話し合おう。特定の課題で溝を埋めるためにお互いの理解を深められることを望む」とした上で「個人的に日中韓会談は朝鮮半島が議論の大半を占めることはないと思う。三国間の連携が主な協議事項だ」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。