脳性まひの21歳ヴァイオリニストの壮絶人生

二人三脚で歩む母が惜しみなく注ぐ愛

ステージでは座らずに立って演奏するというのが、ヴァイオリニストの式町水晶(21)のこだわりだ(写真:週刊女性PRIME)

「CDを見ても、この人、誰だろう? 眉毛が濃いお兄さんがいるなぁって(笑)。本当に実感がわかないですね」

コンサートでは髪の毛をシルバーに染め、アグレッシブなパフォーマンスを見せるヴァイオリニストの式町水晶(しきまち・みずき)。彼が3歳で脳性まひと診断され、両上肢機能障がい(6級)、両下肢機能障がい(4級)のある障がい者と気づく人は少ないだろう。

壮絶な病気といじめを乗り越えて

「両手、両脚のまひ以外に、腎臓糖尿、網膜変性症、飛蚊症、肺動脈弁及び大動脈弁狭窄などと診断されました。なので、楽譜を見ることはできません。それでも、ステージでは座らず立って演奏するというのが彼のこだわりなんです

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

そう話すのは、ここまで水晶を女手ひとつで育てた母・啓子さん。生後2カ月で夫と離婚してからは、シングルマザーとして働きながら、プロのヴァイオリニストを目指す息子を一身で支えてきた。

そんな母子の努力が実を結び、4月11日にはキングレコードより待望のデビューアルバムが発売される。だが、ここまでの道のりは、決して平坦なものではなかった。

シングルマザーで貧しい家計の中、ヴァイオリンという高貴な世界に飛び込んだものの、彼の身体のまひはひどくなり、目の病気や内臓疾患もあり、何度も挫折と奮起を繰り返してきました。

小学6年生のときには凄惨ないじめがあり、今も彼に大きな傷を残しているんです」(啓子さん)

いじめでヴァイオリンをも辞めようと思った11歳のころ。そんなときに出会ったのが、ポップ・ヴァイオリンの第一人者である中西俊博氏だ。

次ページ本当の意味で憧れの人
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT