北朝鮮ぶっ叩きサイトが突如閉鎖された事情

資金を提供していたのは韓国の諜報機関?

いったい、誰がつくったサイトなのか。NKニュースがインタビューした2人のアナリストからは、FHRNKのウェブサイトとソーシャルメディアプロジェクトは韓国諜報機関による作戦かもしれないという疑惑が持ち上がった。

大韓民国国家情報院(NIS)は3月、FHRNK団体とは「無関係」だとNKニュースに伝えた。しかし、同ネットワークに関する具体的な質問への回答を控えた。NISは4月17日、NKニュースに対してその立場は変わっていないことを再び伝えてきた。

資金を提供していたのは韓国諜報機関?

しかし、ある情報筋(今回の状況の機密性から匿名を希望)が4月16日、NKニュースに伝えたところによると、FHRNKグループとNISの米国拠点の間には少なくとも1つのつながりがあった。

FHRNKに掲載されていたグラフィックスの一例(すでに削除されている)

「私が知るNISのある人物が、拡散させてくれないかと3枚の画像を送ってきた。私はあるSNS上のグループでその画像をシェアした。北朝鮮の人権について憂慮し、米国とカナダで活動をしている人が多く参加するグループだ」とこの情報筋はNKニュースに語った。

この情報筋がNIS幹部から送られてきたという画像は昨年、FHRNKネットワークのウェブサイトに投稿されたものと同じだった。

「NIS幹部は後日、その3枚の画像をどのように、どのような種類の人々に拡散したか聞いてきた」とその情報筋は付け加えた。

「その質問に答えた時、私は『このことを報告するのか?』とは尋ねなかった。なぜならば、尋ねなくても明らかだったからだ。その理由は、彼はメモを取っていたし、私はそういうものなのだ、とわかっていたからだ」

FHRNKはロサンゼルスに拠点があると主張していたが、3月のNKニュースの調査で、本当の根拠地が韓国にあることを示す4点の状況証拠が発見されており、韓国とのつながりを否定することは難しい状況になっていた。

次ページレコーディングが行われたのは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。