15年間ギャンブルで食った男の「スゴい財布」

こんな財布を君は見たことがあるか

こうしてのぶき氏は、ギャンブルで稼いだおカネだけで生計を立て、世界中を旅してまわるという生活を続け、それは結局15年間にも及んだ。訪れた国々は、5大陸・計82カ国にも上る。

その後、2012年にギャンブラーとしての活動にいったん区切りをつけ、日本に帰国。以降はシェアハウスを拠点としながら執筆や講演、メディア出演などの活動に勤しんでいる。

では、そんなのぶき氏が使う財布とは、どんなものなのか。いざポケットから出てきたそれは、想像のはるか先をいく代物だった。

スマホもバッグも持たない男の“財布”

これ以上に独創的な財布は、後にも先にも出てこないかもしれない。のぶき氏が愛用するのは、メモ帳とペンをゴムで束ね、その間に紙幣を挟み込むという無二の“財布”だった。主要な素材は紙で、形状は強いていえば長財布。財布の定義を「おカネを入れて持ち運ぶもの」とするなら、これも立派な財布だ。とても先鋭的な。

のぶき氏が「iPhoneXX」と呼ぶ独創的すぎる財布(撮影:梅谷秀司)

「4~5年前からこのスタイルに落ち着きました。日本に帰ってきてからは大金を持ち運ぶこともないので、これで十分なんです。実は僕は携帯電話を持っておらず、カバンも持ち歩きません。すべてこれ1つで済んでしまうからです。だから僕はこれを、未来のiPhoneということで“iPhoneXX”と呼んでいます(笑)」

普段持ち歩くおカネは、“落としてもショックのない金額”ということで、4万円ほど。一見無防備にも見えるが、これまで落としたり盗まれたりしたことはないという。会計はなるべくSuicaで払い、小銭が出ないようにする。それでも出てしまった小銭はポケットに入れるか、少額なら募金する。

財布には、メモ帳とSuica以外にも、名刺、銀行のキャッシュカード、テレフォンカード、大事な人の電話帳、サービス券、昔のパスポートの切れ端、電車の運行表なども収納されている。キャッシュカードは、今ではレアとなった旧さくら銀行のもの。今でもちゃんと使えるという。

これが財布の中身のすべて(撮影:梅谷秀司)

サービス券やポイントカードのたぐいは持たない主義だが、よく行く「かつや」の100円引き券だけは例外的に持つ。運転免許証も保険証も持たないため、証明用に古いパスポートの切れ端を持ち歩く。

次ページこの財布を持ち歩くようになった理由は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT