15年間ギャンブルで食った男の「スゴい財布」

こんな財布を君は見たことがあるか

「軍資金は、貯金からの80万円。ギャンブルを体感することが目的だったので、最悪全部なくなってもOKと考えてガンガン勝負しました。結果、ビギナーズラックもあり、トータルで20万円のプラスとなりました」

さらに翌年、前年のあのエクスタシーをまた味わおうと、ラスベガスを再訪する。2度目の勝負だ。

「この時は100万円の軍資金が倍の200万円になりました。前年に勝った20万円分は最悪失ってもOK、という心の余裕が逆によかったのかもしれません。とはいえ、1回50万円の賭けに勝って、100万円が目の前にドンと置かれた時は、手がカタカタと震え、数えることができませんでした。これがカネの魔力か、と」

プロギャンブラーになることを決める

すっかりギャンブルに魅せられたノブキ氏は、ギャンブルだけで生計を立てる“プロギャンブラー”となることを決意し、貯めた1000万円を元手に単身ラスベガスへ渡る。しかし、ここでノブキ氏の前に壁が立ちはだかる。いや、それは壁というより、地獄に近かったという。

種目をブラックジャックに絞り、カジノ近くの宿にこもって専門書を読みあさった。そして、本に書いてあるセオリーを基に1人でディーラーとプレーヤーをこなすバーチャルプレーに挑むが、何度やっても確実に勝てる必勝法を編み出せない。気づくとその検証作業に1年半も費やしていた。

「最後のほうはストレスで精神状態がかなり危うくなりました。ある日、部屋の向こうで人の声がするので行ってみると、鏡の中の自分がひっきりなしにしゃべっている……。これはまずいと思い、いったん作業を中止して日本に引き上げました」

しかし日本に戻って約3カ月後。突如、ひらめきが訪れる。「これだけ本に書いてあるセオリーどおりにやっても勝てないんだから、逆にセオリーと真逆のことをやってはどうだろう」。

すぐにノブキ氏は、いくつかあるブラックジャックのルールの中でも、勝ち続けるのが不可能と位置づけられているルールを採用するニューオリンズのカジノに飛び、これまで積み上げてきた理論を試してみる。

次ページギャンブルに勝ち続ける理由は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。