安倍政権に見る「永田町の闇」と「官僚の悲哀」

公文書がらみが出るわ出るわで「5大疑惑」に

こうした騒動の中、火に油を注いだのが福田淳一財務事務次官のセクハラ疑惑だ。12日発売の『週刊新潮』が報じたもので、福田氏を取材する女性記者に対し、繰り返しセクハラ発言をしていたことを暴露した。福田氏は、週刊新潮記者の突撃取材に「そんなことは言っていない」などと否定していたが、新潮側は13日午後にニュースサイトで「胸触っていい?」「浮気しない?」などの福田氏とみられる音声データを公開した。

麻生太郎財務相は同日午前の段階では「セクハラとしては事実ならアウトだ」としながらも更迭などの処分は否定した。しかし、音声データの公開で野党側の辞任要求も高まり、山口那津男公明党代表も「きちんと正すべきは正すべきだ」と福田氏を批判した。

財務省は16日午後、福田氏への聴取結果を踏まえて一連の報道に対し、「(福田次官は)セクハラに該当する発言をした認識はない」などとするコメントを発表した。併せて、財務省記者クラブ(財政研究会)加盟の女性記者に対する調査協力も要請した。さらに、福田氏は新潮社を名誉棄損で提訴する考えも示した。

ただ、財務省コメントでも音声データの主が福田氏であることは明確に否定してはおらず、政府与党内でも「意味不明の言いわけなどしないで、早く決着させないと傷が広がるだけ」(閣僚経験者)と早期更迭での決着を望む声が強まっている。菅義偉官房長官は16日午前の記者会見で、福田氏の進退について「任命権者である(麻生太郎)財務相が対応すべき話だ」と突き放し、「財務省は緊張感を持って行動してほしい」と苦言を呈すなど、官邸と財務省の軋轢も露呈した。

党長老の伊吹氏は「安倍さんには道義的責任」

最強の官庁とされる財務省だが、改ざん事件で3月9日に国税庁長官だった佐川宣寿元理財局長が辞任したばかりだ。麻生財務相が福田氏も更迭するとなれば、本来なら国会終了後に予定された財務省幹部人事は「混迷の極致」(財務省OB)となり、来年10月からの消費税の10%への引き上げにも影響が出かねない。さらに、国民の間に「エリート官僚はうそつき」との受け止めが広がることで、佐川氏の証人喚問での「首相らは無関係」などの証言や、来週にも国会招致されるとみられる柳瀬氏の発言が、国民から信ぴょう性を問われる事態ともなる。

こうした相次ぐ政府の失態について、党長老の伊吹文明元衆院議長は「安倍さんには道義的責任がある」と指摘し、首相の「政治の師匠」でもある小泉純一郎元首相も、9月の自民党総裁選での首相の3選について「難しいだろうな。信頼がなくなってきたから、何を言っても言い逃れにとられてしまう」と厳しい言葉を口にした。

次ページまさかの解散でリセットか自爆か
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT