小田急「複々線後」の新ダイヤは十分ではない

改正から1カ月、改善すべき点が見えてきた

以下は、急行線と緩行線のダイヤの私案である。

(出所)筆者作成
(出所)筆者作成

8分サイクルに急行4本

8分サイクル当たり急行を4本設定し、始発駅は小田原・新松田・藤沢・唐木田を各1本とする。本厚木始発の各駅停車は新百合ヶ丘止まりとし、新宿方面へ対面で乗り換えられる配線に改める。すなわち、ホームの両側に線路のある3・4番線を、ホームが線路を挟む1線に絞り、多摩線折り返しの列車も停まれるよう、直列に2本停車できるようにする。

線路容量を有効活用し、また一方の遅れを他方へ波及させないため、急行線経由はすべて新宿行とし、緩行線経由はすべて千代田線直通とし、輸送力的に千代田線の代々木上原始発は設定しない。

次ページ鉄道の増収効果を大幅向上
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。