ヤバくなったテスラを買収するのはトヨタ?

米国のテック企業に何が起きているのか

渋澤:FANG、FAANG(FANG+アップル)など、米国を代表するテック企業の総称にはさまざまなものがありますが、フェイスブック、アマゾン、アップル、マイクロソフト、グーグルのFAAMGで見ると、S&P500の時価総額に占める比率が40%弱にも達します。当然、これらテック企業が躓けば、S&P500はしばらく調整局面入りを余儀なくされるでしょう。

中野:かなりボラタイル(変動率が高い)な相場ですよね。

渋澤:フェイスブックは、これだけ大勢の人が利用している以上、社会的インフラとして存続するとは思いますが、少なくとも成長株として今後も買えるかどうかはわからなくなりました。成長株でなければ、当然、そのプレミアムは株価からはげ落ちますね。

米国の「既存メディア」の反撃の側面も?

中野:冷静な見方をする投資家が増えていくのではないでしょうか。テック銘柄はどれも買われすぎですよ。それにしても、フェイスブックの個人情報流出が5000万人規模って、ケタ違いですね。ちなみに2014年にベネッセコーポレーションの個人情報が流出したときって、どれくらいの人数でしたっけ。

藤野:約3500万人。

渋澤:ベネッセの個人情報流出は氏名、住所、電話番号、性別、生年月日がメインで、もちろんそれはそれで問題ですが、フェイスブックは投稿内容というプライベートな行動などの情報もすべて流出したわけですから、問題の重大さが違うと思います。

藤野:フェイスブックは政治絡みで、トランプ政権の誕生やブレグジット(英国のEU離脱)をめぐる英国の国民投票にも影響したと言われていますからね。事実、2016年の米国大統領選挙期間中、トランプ現大統領にとってポジティブな記事が、熱烈な共和党支持者のフェイスブックには上がってこなかったのに、トランプを支持するかどうかで揺れているボーダー層の人々のフェイスブックに集中的に上がってきたと言われています。

それと同様のことが、ブレグジットでも行われたというのですから、フェイスブックは世論形成に利用されたわけです。ただ、この問題で批判されるべきは、フェイスブックのシステムを悪用した連中であって、フェイスブックだけが責められるのはどうかという同情的な意見もあります。

渋澤:当初からCNBCやCNNのコメントが、フェイスブックに対してかなり辛辣ですよね。それこそ、SNSに押され気味だった既存メディアが、ここぞとばかりに叩いているという感じもします。

次ページテック企業同士は仲が悪い?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT