フェイスブック、「偽ニュース対策」の中身

投稿写真・動画の検証をスタート

 3月29日、米交流サイト大手フェイスブックは、でっち上げや偽ニュースへの対策として、サイト上に投稿される写真や動画の「真偽の検証」を開始したと発表した。写真はフェイスブックのロゴ。28日撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[サンフランシスコ 29日 ロイター] - 米交流サイト大手フェイスブック<FB.O>は29日、でっち上げや偽ニュースへの対策として、サイト上に投稿される写真や動画の「真偽の検証」を開始したと発表した。

同社の製品マネジャーは記者へのブリーフィングで、仏AFP通信の協力の下でフランスで検証作業を開始したと明かした。近く対象国や協力先を拡大する見通し。「選挙に関する偽ニュース阻止に向けた取り組み」の一環と説明したが、真偽を判断する際の基準には触れなかった。

同社の株価は29日の取引を4.4%高の159.79ドルで終了。フェイスブック利用者の個人情報が英データ分析会社ケンブリッジ・アナリティカ(CA)によって不正利用されたと公表した3月16日からは13%超下げている。

信頼できる」ニュースを優先的に表示

マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は1月に偽ニュース対策として、利用者の意見に基づいて「信頼できる」ニュースを優先的に表示する方針を明らかにしていた。

別の製品マネジャーはブリーフィングで、利用者からの報告を待たずに「積極的に」選挙関連の偽情報を探し、早期に対応する体制を導入したと説明。

アレックス・スタモス最高セキュリティー責任者は、偽情報だけでなく、特定の投稿について広い支持があるかのように見せかける「偽支持者」や対立をあおる見出しや表現などの「偽の語り口」を抑制したいと語った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT