200社の中でなぜランサーズは首位なのか

crowdが300万円稼ぐクラウドソーシングという世界

ランサーズの18万人の会員のうち、ランサーズだけで生活していけるレベルの年収300万円以上を稼いでいるのは150人。秋好社長は「(ランサーズの収入が)300万~500万円の人を2017年までに1万人に引き上げたい。そのために、時給3000~4000円クラスの仕事ができるように、会員の育成に力を入れていく」と話す。

地方にある潜在需要を次々発掘

ランサーズは地方におけるクラウドソーシングの需要発掘にも熱心に取り組んでいる。最近は47都道府県すべてを巡回するイベントを始めた。

イベントでは現地で活躍しているランサーズ会員に、経験に基づいてフリーランスでの働き方について語ってもらったり、フリーランスにとって便利な会計ソフトなど、一人で働くための便利ツールを紹介したりしている。

「毎回、主婦や、内職を求めている人、就職活動中の学生、弁護士など50人前後が集まっている」(ビジネス開発部マネージャーの山口豪志氏)。

同社はフリーランスで働く個人向けの税務・法務のサポートや福利厚生も充実させてきた。待遇面において、「会社勤め」と「フリーランス」の差は縮まっているという。

組織の寿命がどんどん短くなっている現代、正社員が減ってクラウドソーシングが普通の働き方になるのも、そう遠い話ではないかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • スナックが呼んでいる
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「通いやすい」は「住みやすい」  <br>最強の通勤電車

鉄道各社のサービス改善競争は激化、路線間の格差が広がっている。利用客争奪戦で勝ち残る路線はどこか。混雑改善度ほか全7指標で東京圏32路線を格付け、新線・延伸計画の進度など、次の住まい選びを見据えて首都圏・関西路線を総点検した。