西武が「ドーム大改修」に180億円投じる真意

球場にVIPラウンジ新設、選手寮には温浴施設

埼玉県所沢市にある埼玉西武ライオンズの本拠地・メットライフドーム。昨年末から改修が始まっている。すべて完了するのは2021年春の予定(写真:マーボ / PIXTA)

プロ野球が来る3月30日金曜日、開幕する。2017年シーズンはパ・リーグで圧倒的な強さを見せた福岡ソフトバンクホークスが日本一となったが、その背中を追うのが昨季パ・リーグ2位の埼玉西武ライオンズだ。

西武は埼玉県所沢市に本拠地を構えてから今年で40年。節目の年に本拠地・メットライフドームエリアの大規模な改修を進めている。

ドーム改修の「2つの狙い」

改修後のメットライフドームのイメージ(画像:埼玉西武ライオンズ提供)

投資額は球団史上最大規模の180億円を予定しており、親会社の西武ホールディングスにとっても肝いりの事業だ。

改修工事は2017年末から始まっており、竣工は2021年3月の予定だ。この大型投資は、「40周年記念事業」の一環で進められているが、目的はそれだけではない。

「集客のテコ入れ」と「選手育成の強化」という、課題に対処するためでもある。

次ページ入場者数は12球団中10位
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。