西武が「ドーム大改修」に180億円投じる真意

球場にVIPラウンジ新設、選手寮には温浴施設

埼玉県所沢市にある埼玉西武ライオンズの本拠地・メットライフドーム。昨年末から改修が始まっている。すべて完了するのは2021年春の予定(写真:マーボ / PIXTA)

プロ野球が来る3月30日金曜日、開幕する。2017年シーズンはパ・リーグで圧倒的な強さを見せた福岡ソフトバンクホークスが日本一となったが、その背中を追うのが昨季パ・リーグ2位の埼玉西武ライオンズだ。

西武は埼玉県所沢市に本拠地を構えてから今年で40年。節目の年に本拠地・メットライフドームエリアの大規模な改修を進めている。

ドーム改修の「2つの狙い」

改修後のメットライフドームのイメージ(画像:埼玉西武ライオンズ提供)

投資額は球団史上最大規模の180億円を予定しており、親会社の西武ホールディングスにとっても肝いりの事業だ。

改修工事は2017年末から始まっており、竣工は2021年3月の予定だ。この大型投資は、「40周年記念事業」の一環で進められているが、目的はそれだけではない。

「集客のテコ入れ」と「選手育成の強化」という、課題に対処するためでもある。

次ページ入場者数は12球団中10位
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。