システム部門の部署名が長くなりがちなワケ

流行の技術名やカタカナがてんこもり

この時期になると組織変更や人事異動があります。部署異動と共に仕事の内容が変わる人も出てきます。

ぼへちゃんの職場でも、組織変更があるらしいという情報が流れてきました。それも結構大きな変更だとか。今まで一緒に働いてきたチームがバラバラになってしまうのでしょうか。みんな気が気でなりません。

そこでぼへちゃん、課長に直接話を聞くことにしました。

幸い、メンバーの異動はほとんどないとのこと。ですが、部署名が変わるそうです。その新しい部署名というのが「人工知能・ロボティクス開発統括部 スマートソリューション開発部」だそうです。

流行りの技術やキーワードを全部使ったような部署名です。最新のコンセプトを追いかけなければ市場から取り残されるという会社側の危機感が部署名に炸裂しすぎて、わけわからなくなってます。

長くて覚えられないし、こんな名刺をもらったお客さんも困惑するのではないでしょうか。もう少しシンプルな名前にしてほしいものです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT