システム部門の部署名が長くなりがちなワケ

流行の技術名やカタカナがてんこもり

この時期になると組織変更や人事異動があります。部署異動と共に仕事の内容が変わる人も出てきます。

ぼへちゃんの職場でも、組織変更があるらしいという情報が流れてきました。それも結構大きな変更だとか。今まで一緒に働いてきたチームがバラバラになってしまうのでしょうか。みんな気が気でなりません。

そこでぼへちゃん、課長に直接話を聞くことにしました。

幸い、メンバーの異動はほとんどないとのこと。ですが、部署名が変わるそうです。その新しい部署名というのが「人工知能・ロボティクス開発統括部 スマートソリューション開発部」だそうです。

流行りの技術やキーワードを全部使ったような部署名です。最新のコンセプトを追いかけなければ市場から取り残されるという会社側の危機感が部署名に炸裂しすぎて、わけわからなくなってます。

長くて覚えられないし、こんな名刺をもらったお客さんも困惑するのではないでしょうか。もう少しシンプルな名前にしてほしいものです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。