システム部門の部署名が長くなりがちなワケ

流行の技術名やカタカナがてんこもり

この時期になると組織変更や人事異動があります。部署異動と共に仕事の内容が変わる人も出てきます。

ぼへちゃんの職場でも、組織変更があるらしいという情報が流れてきました。それも結構大きな変更だとか。今まで一緒に働いてきたチームがバラバラになってしまうのでしょうか。みんな気が気でなりません。

そこでぼへちゃん、課長に直接話を聞くことにしました。

幸い、メンバーの異動はほとんどないとのこと。ですが、部署名が変わるそうです。その新しい部署名というのが「人工知能・ロボティクス開発統括部 スマートソリューション開発部」だそうです。

流行りの技術やキーワードを全部使ったような部署名です。最新のコンセプトを追いかけなければ市場から取り残されるという会社側の危機感が部署名に炸裂しすぎて、わけわからなくなってます。

長くて覚えられないし、こんな名刺をもらったお客さんも困惑するのではないでしょうか。もう少しシンプルな名前にしてほしいものです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。