システム部門の部署名が長くなりがちなワケ

流行の技術名やカタカナがてんこもり

この時期になると組織変更や人事異動があります。部署異動と共に仕事の内容が変わる人も出てきます。

ぼへちゃんの職場でも、組織変更があるらしいという情報が流れてきました。それも結構大きな変更だとか。今まで一緒に働いてきたチームがバラバラになってしまうのでしょうか。みんな気が気でなりません。

そこでぼへちゃん、課長に直接話を聞くことにしました。

幸い、メンバーの異動はほとんどないとのこと。ですが、部署名が変わるそうです。その新しい部署名というのが「人工知能・ロボティクス開発統括部 スマートソリューション開発部」だそうです。

流行りの技術やキーワードを全部使ったような部署名です。最新のコンセプトを追いかけなければ市場から取り残されるという会社側の危機感が部署名に炸裂しすぎて、わけわからなくなってます。

長くて覚えられないし、こんな名刺をもらったお客さんも困惑するのではないでしょうか。もう少しシンプルな名前にしてほしいものです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT