最新版!「新・企業力ランキング」トップ300社

財務面から企業を分析、ヤフーが初の首位に

各業種のトップ企業もいくつか見ていこう。建設業は21位積水ハウス(3520点)がトップ。食料品は35位味の素(3475点)、医薬品は15位アステラス製薬(3567点)だった。その他製品は67位凸版印刷(3415点)が98位大日本印刷(3353点)を抑えた。小売業は10位ファーストリテイリング(3608点)が83位ユニー・ファミリーマートホールディングス(3378点)、84位スタートトゥデイ(3376点)、86位セブン&アイ・ホールディングス(3375点)を大きく離している。

過去12回のランキングトップを見るとその時代で強い企業は大きく変わっていることがよくわかる。

第1、2回トップの武田薬品工業は今回153位(3267点)。第3回から5回まで3年連続トップだった任天堂は昨年307位から134位(3293点)に上昇。「スイッチ」の世界的大ヒットで2018年3月期の業績は急回復。来年は上位復帰が期待できそうだ。任天堂を上回る4年連続トップ(第6~9回)だった国際石油開発帝石は68位(3404点)となっている。

第4回からほぼ5位以内だったヤフーは今回初のトップとなった。ただ、過去のケースを見ていると上位を維持するのはかなり難しい。どこに次の成長ビジネスを定め業績をあげていくのか。同社の動きに注目したい。

■第12回新・企業力ランキング(東洋経済・上場企業財務評価)について
東洋経済新報社「財務・企業評価チーム」が作成。アドバイザーは明治大学大学院商学研究科の山本昌弘教授。東洋経済が保有する財務データを使い、多変量解析の主成分分析手法で成長性、収益性、安全性、規模の4つの分野で評価した。
対象会社は原則として2017年9月1日時点に上場している一般事業会社で、銀行、証券・先物、保険、その他金融を除き、各新興市場を含む。決算期は2017年3月期までが対象。財務データは上場後の決算で直近3期平均(最低1期は必要)を使用。指標データなどで分母がマイナスになり計算ができない場合、その期は「計算不能」となる。
決算ベースについては、各期とも連結優先。ただし、連結開始や廃止などで連結と単独が混在する場合もある。また、変則決算がある場合は6カ月以上の決算期のみ使用。売上高、営業利益、経常利益、当期利益などのフロー項目は12カ月に調整した。
分析手法として使ったのは多変量解析の主成分分析。この手法は多数の変数を要約し、少数の情報で全体の特性を代表させることができる。財務データのような多数存在する項目を少ない情報に集約でき、総合評価が可能になる。
主成分分析で求められた第1主成分得点を偏差値化し、異常値をならすために最大70、最小30に変換。さらに最高1000、最低500に調整して各分野の得点とした。4つの評価分野の各得点を合計したものが総合得点となっている(総合得点の最高は4000点)。
■ランキング算出に使用した財務指標
【成長性】売上高増減率、営業利益増減率、営業キャッシュフロー増減率、総資産増減率、利益剰余金増減率
【収益性】ROE(当期利益÷自己資本)、ROA(営業利益÷総資産) 、売上高営業利益率(営業利益÷売上高)、売上高当期利益率(当期利益÷売上高)、営業キャッシュフロー
【安全性】流動比率(流動資産÷流動負債)、D/Eレシオ(有利子負債÷自己資本)、固定比率(固定資産÷自己資本)、総資産利益剰余金比率(利益剰余金÷総資産)、利益剰余金
【規模】売上高 、EBITDA(税引き前利益+支払利息+減価償却費)、当期利益、総資産、有利子負債
注)EBITDAの支払利息と減価償却費はキャッシュフロー計算書掲載の数字を使用
次ページまずは1~50位
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。