スーパードライ帝国が再度原点を見つめ直した 過信を捨てたアサヒビール クリアアサヒ好調の舞台裏


中身チームと外見チーム 異例の商品開発体制

第3のビール市場では依然連戦連敗が続いていたが、06年末、ついに新商品開発チームが発足する。それは今までにない体制だ。従来一つだった開発チームを二つに分けたのである。一つは製品の中身を練り上げるオーソドックスな商品開発チーム。もう一つが、広告や販促等のコミュニケーションツールや缶のデザインなど、外見から入るチームだ。

従来の商品開発では、中身に時間を取りすぎて、パッケージや広告など、消費者への訴求がおざなりになりがちだった。どんなにおいしい商品を作っても、消費者に伝わらなければ、手に取ってはもらえない。その大きな反省から、マーケッターと宣伝部、広告代理店を巻き込んでチームを作り、アイデアを競わせた。

異例のやり方に、「中身から作る商品開発を4年間もやってきた」梶浦氏は、最初戸惑いを感じた。ただ、ど真ん中を狙うにはどんな商品を作るべきか、もはや答えはわかっていた。消費者が求めているのは「ビールのような品質感」だ。

真っ先に浮かんだのは、ビールを彷彿させる缶のデザイン。下がビールの液体を表す黄色、上には白い泡。「消費者はビールらしさを感じ取ってくれるだろう」。梶浦氏の直感は、繰り返し行われた調査の結果と合致した。この基本方針を基に、缶のデザインの徹底的な作り込みに入る。

よりリアルにビールらしさを表現するには、黄色の部分を鮮やかに発色させる必要がある。そこで通常の印刷工程に一工程加えた。銀色のアルミ缶に白の塗料をかぶせ、その上に黄色を乗せることで、クリアな発色を実現させたのだ。実際に、通常のアルミ缶にそのまま印刷したデザインと、一手間加えたデザインを実際の売り場に似せて陳列してみると、圧倒的に後者が評価を得た。缶の量産に入るまでに3カ月もかかったが、試行錯誤は実った。宣伝もこの缶を前面に押し出した。ポスターでは、缶をどれだけ並べ、どう視覚に訴えるかに徹底してこだわった。

一方、もう一つのチームは本来の中身作りを同時進行していた。原料に麦芽を使い、よりビールに近い味わいにする。味の完成度を高めるために、初めて他社製品と飲み比べる相対評価を取り入れた。季節やそのときの気分に左右されにくく、商品の良しあしをストレートに判断してもらえる。

ここで、また一悶着あった。相対評価は一般的なマーケティング手法だが、「家庭では飲み比べなんてしない。そんなテストをやってもムダ」というのが従来の思い込みだった。それでも池田氏は、この相対評価を徹底的に繰り返すことを命じる。「何度もテストを繰り返し、他社製品に勝てれば、市場で“おいしい商品”と位置づけられる。そうすれば消費者においしさをわかってもらえる」(池田氏)。時間をかけ、調査検証を繰り返すことで、ヒットの“確率が高い商品”が完成した。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング