アマゾン「プライム・ビデオ」、判明した実態

会員獲得コストは平均で1人当たり63ドル

ただ、ジェフ・ベソス最高経営責任者(CEO)はこれまで、娯楽コンテンツを利用して物品販売を促進する戦略について率直に語っている。同社は2010年にアマゾン・スタジオを設立して独自番組を制作しており、一部の作品は各賞を受賞するなどハリウッドでも話題となっている。

ベソス氏は16年の技術関連の会議で「ゴールデングローブ賞を受賞したら、靴がよく売れた」と語った。その上で、プライムで映画やテレビ番組を視聴する顧客は、視聴しない顧客と比べて無料体験から年会費を払って契約を締結する比率が高いことを明らかにした。

事情に詳しい関係者2人は、アマゾンでは動画支出が年間50億ドルと、最も大きな支出項目の1つになっていると述べた。アマゾンはその結果、何人の加入者が得られたかをこれまで公表していない。

内部文書では、人気ドラマ「高い城の男」の最初のシーズンは17年序盤時点で米国で800万人が視聴。制作費とマーケティング費用が合計7200万ドルで、世界で115万人の新規加入者を獲得したと説明されている。

プライム会員を平均で1人当たり63ドルで獲得

これによると同社は、新たなプライム会員を平均で会員1人当たり63ドルで獲得した計算になる。これは米国内の会員が支払う年会費の99ドルをかなり下回る。ベソス氏によると、プライム会員は非会員と比べて、より多くの商品を購入するため利益をさらに押し上げるという。

アナリストの推計によると、世界のプライム会員は7500万人超で、このうち約半数を米国の世帯が占める。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。